肝臓ケアナビ

オルニチンダイエットで得られる体にとってうれしい4つの効果

「気軽にできるダイエット方法が知りたい」と思われている方は多いのではないでしょうか。二日酔い対策としてよく知られているオルニチンですが、研究が進みダイエットにも効果があることがわかってきました。

オルニチンがダイエットにつながる仕組みや方法、効果的な摂取の仕方を詳しく紹介いたします。

オルニチンの持つ4つの効果

(1)肝臓機能のサポート

肝臓の肝細胞の中には「オルニチン回路」という、体内に摂取した食べ物を分解するときに発生するアンモニアを分解・解毒化する働きが存在します。

しかし疲れがたまって肝機能が低下すると、このオルニチン回路の働きが悪くなってしまいます。

オルニチンはこのオルニチン回路の中でアンモニアと結合する中間体としての役割があり、定期的に摂取することで肝機能をサポートする効果が期待できます。

(2)代謝の向上

オルニチンの働きはアンモニアの解毒化だけにとどまりません。

肝臓には代謝によりタンパク質や脂質・糖質といった成分からエネルギーを生み出す役割があります。オルニチンを摂取して肝機能を高く保つことで、脂肪の燃焼の効率化が期待できます。

オルニチンを摂取して内臓から健康的になることで、自然と痩せやすい体が作れるのでダイエットにも効果的です。

(3)筋力アップ

オルニチンは体中の筋肉や内臓を構成する成分であるアミノ酸の一つです。中でもオルニチンやアルギニンといったアミノ酸には、成長ホルモン分泌を促進する働きがあることが研究でわかっています。

2017年の日本スポーツ栄養学会に報告された試験では、アミノ酸等含有サプリメント(このうちオルニチン含有は120mg)を運動15分前に摂取したグループが自転車運動を行ったところ、有効成分を含まないプラセボを摂取したグループと比べて血中の成長ホルモン濃度が有意に高くなるという結果が得られました。

成長ホルモン分泌が促進されて期待できる効果が筋力アップです。体の筋肉量が増えると毎日の普通の生活で消費する基礎代謝が上昇し、今までと同じ量を食べていても自然と痩せやすい体になります。

(4)疲労回復

成長ホルモンは筋力アップだけでなく、タンパク質の合成を促して体の修復、疲労回復といった働きもしています。忙しく働いていたり、ストレスを感じる職場でも、オルニチンを定期的に摂取することで疲れにくくアクティブに動きやすくなります。

オルニチンが多く含まれる食品とサプリメントによる摂取方法

【食品(1)】しじみ

オルニチンといえば、まずしじみを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。実際、しじみには100g(約35個)あたり約10.7mg~15.3mgのオルニチンが含まれています。

そして、オルニチンを効率的に摂取するのに有効なのが「冷凍」です。

青森県産業技術センターによる実験では、−4℃で20時間冷凍されたしじみから抽出されたエキスから通常の8倍以上のオルニチンが検出されました。同じ貝類でもホタテやアサリなどにはない、しじみに見られる興味深い特徴です。

オルニチンを効率的に摂取したいのであれば、前日から1日冷凍したしじみを使用するのがポイントです。

【食品(2)】エノキダケ

エノキダケはよく略して「えのき」と呼ばれるきのこです。100gあたりに含まれるオルニチンは約14.0mgときのこ類の中でも特に高いです。

またカリウムが豊富に含まれているため、ダイエットに合わせて体中の水分を効率よく排出してむくみ予防・解消にも効果があります。

サプリメントも活用

オルニチンを定期的に摂取しようと思うなら、サプリメントも上手に活用するのがおすすめです。

オルニチンの1日の目安となる摂取量は約400mg~1000mgです。この量を毎日の食事からだけで摂取しようと思うと、しじみなら概算で少なくとも1000個〜3000個程度も食べる必要があり、現実的ではありません。

またこれからご紹介しますが、ダイエット効果を高めるのに運動の前後にオルニチンを摂取するのにしじみやエノキダケを食べるというのも難しいです。

サプリメントなら効率よくオルニチンを摂取できます。例えばオルニチンがメインになっている「オルニパワーZnプラス」なら、4粒で812mgものオルニチンが簡単に摂取できます。

ダイエットに効果的な摂取方法

毎日の生活でオルニチン摂取を習慣にする

オルニチンは一度だけ摂取して効果が期待できる成分ではなく、継続的に摂取することではじめて肝機能を高めたり、ダイエット効果が期待できます。少なくとも3カ月くらいは継続して摂取してみて、それから自分に効果があるかどうか判断しましょう。

最初から大量のオルニチンを摂取すると体に合わないこともあるので、まずは400mgくらいからはじめ、徐々に量を増やしていきます。

運動前後にオルニチンの摂取

オルニチンの成長ホルモン分泌促進の効果を効率的に利用したいなら、運動の前後にオルニチンを摂取することが重要です。運動前後どちらでもよいと考えられていますが、先述の実験は運動前15分前の摂取で効果が出たという報告でした。

運動するときにオルニチンを摂取することで、筋力アップによる基礎代謝向上で脂肪燃焼などダイエットにうれしい効果が期待できます。

まとめ

今回ご紹介したオルニチンダイエットの効果と方法をまとめてみましょう。

【効果】

  • 肝臓機能のサポート
  • 代謝の向上
  • 筋力アップと疲労回復

【方法】

  • 毎日の生活でオルニチン摂取を習慣にする
  • 運動の前後にオルニチンを摂取する

オルニチンには代謝の向上や筋力アップなど、ダイエットにうれしい効果が期待できます。食材だけで必要な量のオルニチンを摂取するのは難しいので、上手にサプリメントなども活用しながらオルニチンダイエットを試してみましょう。

TOP