肝臓ケアナビ

オルニチンは睡眠に効果がある?快眠に繋がる摂取方法を解説

「ぐっすり眠れない」、「睡眠時間は短くないのに朝すっきりと起きられない」といった悩みを持つ人は多いのではないでしょうか。現代の生活では、睡眠習慣を乱してしまうさまざまな要素があるので、快眠できたと感じることができないという方も珍しくないでしょう。

実はタイミングよくオルニチンを摂ると睡眠の質を向上させることができます。夜ぐっすり眠って健康的な生活を手にするためにも、オルニチンによって睡眠を改善できるコツを把握しておきたいものです。

この記事ではオルニチンがもつ快眠へ導く力と効果的な摂取方法について詳しく紹介していきます。

オルニチンが良い睡眠へと導くメカニズム

快眠を得るために効果的な成分として知られているオルニチンですが、なぜオルニチンを摂取すると快眠できるのでしょうか。

成長ホルモンの分泌促進

成長ホルモンは就寝中に最も多く分泌され、細胞を活性化させることで疲れを解消します。つまり成長ホルモンがしっかり分泌されると疲れが取れやすくなり、睡眠障害が起こる確率がぐんと減ります。

非必須アミノ酸のアルギニンを原料として生成されるオルニチンは、この成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。疲れをしっかり解消することで睡眠の質を上げることができます。

自律神経のバランスを改善

疲れやストレスが溜まってしまうと睡眠の質が下がるのは、自律神経のバランスが崩れて睡眠の質が下がってしまうことが原因です。

自律神経には、交感神経、副交感神経という2種類があります。よい睡眠を得るには睡眠中に副交感神経が優位に働くよう、なるべく疲れやストレスを解消する必要があります。

オルニチンには成長ホルモンの分泌を促す働きがあります。成長ホルモンが増えると疲れやストレスが解消され、副交感神経が働きやすくなるため快眠につながります。

睡眠に効果的なオルニチンの摂取タイミング

睡眠を快適なものに導くために摂取するオルニチンは、1日のうちでいつ飲むのが効果的なのでしょうか。

(1)就寝前

オルニチンは薬ではないので、基本的に1日の間でいつ飲んでも問題ありません。しかし、よりオルニチンの働きを効果的に受けられるタイミングの1つは夜寝る前です。

疲れやストレスを軽減する成長ホルモンは睡眠中に最も多く分泌するので、オルニチンを就寝前に飲めばより効果が得られます。

(2)起床後

成長ホルモンは血糖値が高いと分泌されにくくなります。食後6~8時間経つと血糖値は下がりますが、夕食から就寝までの時間は6~8時間経たないことがほとんどです。つまり就寝してしばらくは十分血糖値が下がっていないため、摂取しても効果的ではありません。

そこで夕食を食べる時間が遅くなった日は就寝前ではなく、翌日の起床後から朝食前までのもっとも血糖値が下がっている時間帯に飲むとよいでしょう。

オルニチン摂取以外で睡眠の質を向上させる方法

よい睡眠をとるためには、オルニチンの摂取だけでなく少しの工夫でできることがあります。いくつかご紹介しましょう。

(1)寝具を変える

一般的な睡眠時間は1日の約3分の1程度もの長い時間を費やしますから、その際に使う寝具の選び方で睡眠の質が変わります。

ベッドのマットレスは、自分の体形に合った強度や種類のスプリングが入ったタイプを選びましょう。特に体のS字カーブが自然に支えられるタイプが適しています。掛け布団は圧迫感がなく寝返りがしやすいよう軽めのものを。シーツは肌触りのよいコットンや麻などがおすすめです。

(2)夕食のタイミング

就寝時に満腹状態だと胃腸が働き続けている状態になるため睡眠が浅くなります。就寝予定時間の3~4時間前には夕食を済ませましょう。夕食の時間が遅くなった場合は軽めのメニューにして胃腸の負担を和らげましょう。

(3)体を温める

副交感神経を優位に働かせるためには体温を上げるのが効果的です。就寝予定時間の2時間くらい前にぬるめのお風呂にゆっくりつかりましょう。

また、就寝前に白湯や温めた麦茶などノンカフェインのホットドリンクを少量飲むと、内臓から温められてスムーズに眠りに入っていくことができます。

(4)ブルーライトを避ける

パソコンやスマートフォンから発生するブルーライトは、目から脳に刺激を与え交感神経を優位にして眠りを浅くします。就寝予定時間の2時間前くらいからはパソコンやスマートフォンは見ないようにしましょう。

オルニチンのおすすめな摂取方法

快眠を得たいならオルニチンがより効果的に働くように摂取したいと思うのではないでしょうか?おすすめの摂取方法を紹介いたします。

しじみ・しめじを食事に使う

オルニチンを多く含んでいる食品の代表的なものはしじみです。その他しめじ、まぐろ、チーズなども比較的多く含んでいます。

たとえばしじみやしめじを入れた味噌汁やまぐろの刺身などを1週間分のメニューの中で増やしていくとよいでしょう。

サプリメントでのおすすめの摂取

日々の食事だけで十分な量のオルニチンを摂るのが難しいときはサプリメントで簡単に摂取できます。

おすすめはステラ漢方株式会社が開発販売している「オルニパワーZnプラス」です。業界トップクラスの800mgを配合したオルニチンだけでなく、亜鉛やマグネシウム、カルシウム、ビタミンB2、ビタミンE、鉄分など不足しがちな栄養素をバランスよく配合してあります。

1日4粒程度飲むことでこれらの栄養素をまとめて摂取でき、睡眠改善にもなるのはうれしいです。

まとめ

では今回の記事のおさらいです。

【オルニチンの快眠効果とその摂り方】

  • オルニチンが快眠に導くメカニズム

├成長ホルモンの分泌促進によって細胞が活性化し疲れを解消する
├自律神経のバランスを改善し副交感神経が働きやすくなる

  • 快眠に効果的なオルニチンの摂取タイミング

├就寝前:成長ホルモンの分泌が増える就寝中により効果的に働く
├起床後:血糖値が下がった時間帯で成長ホルモンが分泌しやすい

  • オルニチン摂取以外で睡眠の質を向上させる方法

├マットレスや布団などの寝具は体に合ったものを選ぶ
├夕食は就寝の3~4時間前までに済ませて胃腸の負担を和らげる
├入浴やホットドリンクで体を温める
├パソコンやスマートフォンは就寝の2時間前から見ない

  • オルニチンのおすすめな摂取方法

├オルニチンを多く含んだ食品を積極的に摂る
├サプリメントで手軽に摂取する

オルニチンは、仕事や家事で毎日重なる疲れを癒すための働きをしてくれる成分です。手軽に、そして継続して体に取り入れるにはサプリメントの利用がおすすめです。

おすすめのサプリメント「オルニパワーZnプラス」はステラ漢方株式会社のサイトから購入できます。快眠できる毎日を過ごしたい人はぜひ試してみてくださいね。

TOP