肝臓ケアナビ

オルニチンとシトルリンの違いは?同時摂取が高い効果を得られる理由

忙しい日々を送っていると、「疲れが取れない…」というときや「なんとなくだるい…」というときがあるのではないでしょうか。その身体の不調は、もしかすると、無意識のうちに腎臓や肝臓に負担がかかっているのかもしれません。

そんなときにおすすめなのが、オルニチンやシトルリンという成分を上手に身体に摂取すること。これらの成分は、身体の調子を整えるだけでなく、美容に対する効果も期待されているのです。

ここでは、それぞれがどのような成分なのかを説明するとともに、2つの成分が肝臓や腎臓にどのように影響を与えるのかということについて、詳しく解説していきます。

シトルリンには血管を広げる働きがある

まず、「シトルリンとはどういうものなのか」ということについて詳しく解説していきます。

シトルリンは血管を良い状態に保つ補助機能がある

シトルリンはアミノ酸の一種で、日本でスイカから発見された成分です。発見されたのは1930年ですが、シトルリンをサプリメントなどで使うことが日本で許可されたのは2007年になります。

シトルリンは身体の中で血管を広げる働きを持っています。人間の身体は年を取ると老化していきますが、血管も例外ではありません。血管は、私たちが生きるために欠かすことのできない血液を全身に運んでいます。

そのように重要な存在である血管をよい状態に保つための手助けをシトルリンは行っているのです。

シトルリンと同じアミノ酸であるアルギニンは、シトルリンと密な関係を持っています。例えば、尿素回路では人間の身体にとって有毒であるアンモニアを体外に排出するために、アンモニアからシトルリンが作られ、その後アルギニンへと変化していくのです。

海外のシトルリンへの評価

日本でシトルリンがサプリメントなどに使用されるようになる前から、アメリカではシトルリンが使用されていました。

先ほども紹介いたしましたように、血流改善のために用いられるのはもちろんのこと、動脈硬化予防や精力増強に対してもシトルリンは効果を期待されています。

シトルリンが身体に与える影響と期待できる効果

次に、シトルリンが身体に与える影響や期待できる効果について説明します。

シトルリンの体内での動き・メカニズム

シトルリンは上述したように、アンモニアを体外に排出するという身体の仕組みに対して、大きな役割を担っています。また、それ以外にも、私たちが生活するうえで重要な働きをしてくれることがわかっているのです。

シトルリンの働きを詳しく以下にまとめます。

  • 血管拡張作用
  • 一酸化窒素を作り出す
  • 精力増大

シトルリンは、上記以外にも、むくみ・冷え性に対する効果や動脈硬化・二日酔いに対する効果が期待されています。

オルニチンとシトルリンの違い

オルニチンとシトルリンはアミノ酸の一種であることは同じですが、それぞれで効果に違いがあります。それぞれ異なっています。具体的に挙げるとすると、アンモニアを尿素に変える尿素回路においては、さまざまな変化が身体の中で起こっているのです。

まず、オルニチンはシトルリンに変わります。

そのあとシトルリンはアルギニンへと変化していきます。アルギニンは尿素を作るという役割を果たしたあと、オルニチンに変化を遂げてゆくのです。尿素回路において、オルニチンとシトルリンは、尿素回路のそれぞれ別の過程において尿素を産生するアルギニンへと変化していくという重要な役割を持っているのです。

同じアミノ酸とはいえ、人間の体内における役割はそれぞれ違っているのですね。

シトルリンの摂取方法

最後に、シトルリンの効率的な摂取方法について説明します。

シトルリンが多く含まれる食べ物

シトルリンが比較的多く含まれている食べ物を以下に挙げます。

  • スイカ
  • メロン
  • きゅうり

このように、シトルリンが含まれている食べ物はあるものの、食品だけで十分な量のシトルリンを摂取しようとするとなかなか大変です。ですから、シトルリンを効率的に摂取するには、サプリメントの活用をおすすめします。

シトルリンが摂取できるサプリメント

シトルリンが摂取できるサプリメントにはさまざまなものがあります。以下に製品の一例を挙げてみます。

  • シトルリン帝王
  • VINIX(バイニックス)120錠
  • Super Megarix(スーパーメガリクス)120錠

オルニチンやシトルリンを摂取して健康な身体を目指そう

オルニチンとシトルリンの関係についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。これらの成分には、肝臓や腎臓などの肝機能に対する働きだけでなく、美容に対する効果も期待されています。

以下に今回の内容をまとめます。

【シトルリンの概要】

  • シトルリンと深い関係を持つものにアルギニンがある
  • アメリカでは、血流改善のために用いられるのはもちろんのこと、動脈硬化予防や精力増強に対する効果も期待されている

【シトルリンが体に与える影響】

  • 血管拡張作用
  • 一酸化窒素を作り出す
  • 精力増大
  • むくみや冷え性に対する効果が期待されている
  • 動脈硬化や二日酔いに対する効果が期待されている

【オルニチンとシトルリンの違い】

  • 尿素回路においては、尿素を産生するアルギニンのために、オルニチンとシトルリンは順番に変化していく。

【シトルリンが多く含まれる食べ物】

  • スイカ
  • メロン
  • きゅうり

適宜サプリメントを活用して、シトルリンを摂取し、健康で若々しい身体を目指していきましょう。

TOP