肝臓ケアナビ

オルニチンは肝臓にどんな効果がある?摂取によって起こる2つの働き

歳を重ねるにつれ「肝機能の低下が気になる」といった悩みをお持ちの方は少なくありません。

肝臓の機能を向上させるため、サプリメントの摂取を検討したが、調べれば調べるほど「どのサプリを飲めばよいかわからない」、「有効な成分がわからない!」と感じた方も多いはずです。

この記事では、肝機能の向上をサポートするといわれるオルニチンサプリの効果と、オルニチンが肝臓の機能を向上するためにどのような働きをするのかについて、詳しく解説していきます。

オルニチンと肝臓の関係

そもそもオルニチンとはアミノ酸のこと

オルニチンとは、からだの中に存在するアミノ酸です。その中でも遊離アミノ酸と呼ばれるタイプのもので、たんぱく質にならずにアミノ酸のまま血液に入ってからだのあらゆる臓器に運ばれていき、たくさんの機能を果たします。

オルニチンが含まれるのは、シジミ、ヒラメ、エノキタケなどの食品です。そのほかに、オルニチンを含んだサプリメントもたくさん販売されています。

オルニチンは肝臓の代謝や解毒に関係する

食品からからだに摂りこんだオルニチンは、腸で吸収されていきます。それから、血管内を通って、肝臓、腎臓などの臓器や筋肉などのたんぱく質を多く必要とするところに移動してその働きを助けてくれます。中でも特に、肝臓での働きが顕著です。

肝臓は、代謝や消化や解毒を行う臓器ですが、オルニチンはその代謝や解毒の働きを大きく助けます。オルニチンのような遊離アミノ酸は、他の特定の酵素と化学反応を起こして結合したり分解されたりします。ですから、その反応を引き起こす物質があるところで、アミノ酸の働きは活発化できるのです。

オルニチンと反応する物質は、肝臓内にあります。ですから、オルニチンは主に肝臓でよく働いてくれるというわけです。

オルニチンの肝臓での働き

オルニチンの肝臓での解毒作用

オルニチンは、肝臓でアンモニアの解毒をして、尿素に変えていきます。

アンモニアは、からだの中でとても有害な働きをしてしまいます。細胞内でエネルギーをつくり出すミトコンドリアの働きを阻害してしまうのです。エネルギーをつくり出すことができなくなってしまえば、からだは疲労を強く感じるようになります。

オルニチンは、このアンモニアが化学反応をしてできた物質と化学反応を起こして結合し、シトルリンという別のアミノ酸になります。シトルリンもまた、アンモニアが別の化学反応をしてできた物質と結合して、さらに別のアミノ酸であるアルギニンになります。そしてアルギニンは、のちに尿素とオルニチンに分解されます。

このようなオルニチン・シトルリン・アルギニンのサイクルを、オルニチン回路(尿素回路・オルニチンサイクル)と呼びます。オルニチンがたくさんある状態では、オルニチン回路が活発に働き、アンモニアをたくさん解毒して尿素へと変換していくことができます。

オルニチンの肝臓での代謝の働き

オルニチンはまた、代謝の働きを助ける役目も担っています。オルニチンによって成長ホルモンの分泌を促すことができ、それによって新陳代謝が高まり、アンチエイジング効果を生み出します。

オルニチンの摂取方法と効果

オルニチンのサプリメント

オルニチンをシジミやエノキタケなどの食品だけで摂取しようとすると、莫大な量を食べなければなりません。それで、オルニチンを摂るのにサプリメントがよく用いられます。オルニチンのサプリメントをご紹介しましょう。

「オルニパワーZnプラス」

オルニパワーZnプラスには、オルニチン800mgに相当するしじみエキスが含まれています。また、オルニチン以外のアミノ酸も、9種類の必須アミノ酸と呼ばれるからだの中でつくることがほどんどできないアミノ酸も含んでいます。

それだけでなく、このサプリメントは牡蠣を配合しているので、亜鉛などのミネラルを豊富にを含んでいます。

亜鉛は、アミノ酸とたんぱく質の化学反応を助けることができますから、からだの働きをよく支えるバランスの取れた栄養価を含んでいるサプリメントであることがよくわかります。

さらに、オルニパワーZnプラスには、アスタキサンチンも豊富です。アスタキサンチンは体内でつくり出すことができない貴重な物質です。植物はこのアスタキサンチンを紫外線からのブロックのためにつくり出しています。

オルニチンのサプリメントの効果

オルニパワーZnプラスの効果を紹介していきましょう。

オルニチンは、アルコールを分解する肝臓の機能を助けてくれます。

たくさんのオルニチンが肝臓で働いているなら、アルコールの分解も早くなり、翌朝には十分スッキリと目覚めることができるようになります。

オルニチンサプリメントで肝臓を助けよう

では、オルニチンと肝臓についておさらいしておきましょう。

  • オルニチンは遊離アミノ酸で、体内を巡って働く
  • 特に肝臓では、オルニチンと化学反応をする酵素などが存在し、働きが活発になる
  • 肝臓の解毒を助け、疲労感からの回復を助ける
  • 肝臓の代謝を高め、アンチエイジング効果を生み出す
  • 「オルニパワーZnプラス」はしじみエキスが豊富に入っていて効果が高い

からだの大切な機能を果たす肝臓の働きをよくアシストしてくれるオルニチンについてよくわかりました。シジミなどの食品やサプリメントでオルニチンを積極的に摂るようにしたいですね。

「ステラ漢方」のサプリメント「オルニパワーZnプラス」なら、滋養豊富なシジミを食べるより多くのオルニチンを摂取できます。ぜひ肝臓の働きを助けるために試してみてください。

TOP