肝臓ケアナビ

オルニチンは肝臓にどんな効果がある?摂取によって起こる2つの働き

「最近飲み会の度に二日酔いで次の日が不安・・・」
「付き合いもあってお酒を飲む機会が多くて肝機能が心配・・・」
「お酒をよく飲むせいか気だるさがよくある・・・」

日々お酒をよく飲む方なら誰しもがこういった悩みを感じております。
何れにしてもお酒を飲むのであれば、健康に気を使い過ぎずに楽しくお酒を飲みたいですよね。

お酒をよく飲む方で、身体のことを気にかける人であれば二日酔いや肝機能のためには「オルニチン」が良いと一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

この記事では、日々の生活をするために欠かすことのできない、健康的な肝臓機能とするために果たすオルニチンと肝臓の関係性に加え、どういった効果があるかを簡潔にまとめていきます。

オルニチンが日々の元気をサポートするって本当?

オルニチンには多くの健康への効果があるとされており、中でもお酒との関係についてはなんとなく知っている方はいらっしゃるのではないでしょうか。

それではまずそもそもオルニチンとなんなのでしょうか?

オルニチンとはそもそもなに?

オルニチンとは、遊離アミノ酸と呼ばれるタイプのもので、たんぱく質にならずにアミノ酸のまま血液に入って身体のあらゆる臓器に運ばれていき、多くの役割を果たします。

中でも肝臓内で重要な効果と役割を担っております。

代謝」や「解毒」の促進をすることにより「二日酔い」などの対策をしてくれるなど、人間の日々の健康にはなくてはならない成分とされております。

オルニチンが含まれるのは、シジミ、ヒラメ、エノキタケなどの食品です。そのほかに、オルニチンを含んだサプリメントもたくさん販売されています。

オルニチンがもつ肝機能への効果とは?

オルニチンはアミノ酸の一つであり肝機能をサポート・改善することが主な役割となっています。

身体に摂り入れられたオルニチンは、肝臓、腎臓などの臓器や筋肉などのたんぱく質を多く必要とするところに移動してその働きを助けてくれます。

中でも特に、肝臓での働きが日々の健康や二日酔い対策には重要となってきます。

肝臓は、代謝や解毒を行う臓器ですが、オルニチンはその代謝や解毒の働きを大きく助ける効果を持っております。

オルニチンのような遊離アミノ酸は、他の特定の酵素と化学反応を起こして結合したり分解されたりします。

その反応を引き起こす物質があるところで、アミノ酸の働きは活発化することになりオルニチンと反応する物質は、肝臓内にあります。

したがって、オルニチンは主に肝臓で活発になり重要な役割を発揮するようになるのです。

オルニチンによる代謝向上と解毒促進で二日酔いを対策

オルニチンは下記の肝機能を向上またはサポートすることにより、二日酔いを対策することができます。

  1. 代謝の促進
  2. アンモニアの解毒促進

これら二つの効果が正しく発揮されることにより、結果的に二日酔いが対策されることになります。

肝臓は人々が日々を健康に生活するために重要な役割を果たし、肝機能低下により様々なデメリットが引きおこります。

また正しく解毒されないことで身体から有害な成分が抜けず健康へ悪い影響が引きおこります。

ここではオルニチンの肝臓が肝機能を向上させることにより引き起こる、3つの効果を簡単に解説します。

代謝への働き

オルニチンを体内に取り入れることで、代謝が促進されエネルギーをより多く生み出すと共に、代謝が促進されることによりアルコールが身体に入ったとしても、

肝機能がオルニチンにより向上している事で酵素などが活発化しており、二日酔いの原因であるアセトアルデヒドの分解が促進されます

結果的にアセトアルデヒトは分解され、アセテートとなり吐く息や汗や尿として外に出される事となり身体にアルコールが残りにくくなるのです。

アンモニアの解毒

アンモニアは、からだの中でとても有害な働きをしてしまいます。細胞内でエネルギーをつくり出すミトコンドリアの働きを阻害してしまうのです。

エネルギーをつくり出すことができなくなってしまえば、身体は疲労を強く感じるようになり気だるさを感じることになり、

アンモニアをきちんと解毒し尿素へ変えることができなくなると、体内に毒素が残った状態になるので健康へ大きな被害が起きることになります。

オルニチンを体内に取り入れることにより、オルニチン回路(尿素回路・オルニチンサイクル)と呼ばれるものが、アンモニアをたくさん解毒して尿素へと変換していくことができます

お酒により、アルコールを摂取すると、促進された代謝の過程で毒素であるアンモニアが体内で増加をし、そのアンモニアが正しく解毒されず、結果的に気だるさが起こってしまいます。

オルニチンを摂取することでアンモニアの解毒を促進するとことができれば、二日酔いと気だるさの対策にもなるということです。

解毒と代謝促進により二日酔いを防止

二日酔いの原因としては、アルコールは摂取すると、体内の酵素の働きによってアセトアルデヒドという有害物質に変化します。肝臓の機能が追いつくうちは、アセトアルデヒドは肝臓の中で無害な物質に変化されます。

しかし、肝臓機能が低下していたり、アルコールを摂取しすぎると、肝臓機能が追いつかずアセトアルデヒドが原因となって頭痛や吐き気など、二日酔いの症状を引き起こすといわれています。

ですが、前途のように代謝を促進することによりアセトアルデヒドを分解すると共にアンモニアをきちんと解毒することにより、

結果的に二日酔いと二日酔いによる気だるさを対策・改善できるようになるということです。

オルニチンはサプリでとるべき理由とは

オルニチンの1日の摂取目安量はおよそ800mgだと言われており、オルニチンを含む食べ物として有名なしじみで800mgものオルニチンを摂取しようとすると、なんと約1,000個ものしじみを食べなくてはなりません。

このように目安摂取量を食べ物で摂り入れようとすると膨大な食品量になってしまいます。

そこでより効率的にきちんとオルニチンの目安摂取量を摂る方法として「サプリメント」で摂取することがあげられます。

サプリメントは日々を健康的に過ごすことを考え作られており、一つの成分だけでなく相性のいい成分や、効果を引き上げるようなものも一緒に含まれているため、

より効率的に効果的に皆様の悩みを解決できるよなサポートをしてくれます。

日々の健康のために一度サプリメントを考えて見ることをおすすめします。

オルニチン含有サプリメントについて詳しく知りたい方はこちら
こちら

オルニチンによる肝機能へのメリットまとめ

では、オルニチンと肝臓についておさらいしておきましょう。

  • 肝臓の解毒を助け、疲労感からの回復を助ける
  • 肝臓の代謝を高め、アセトアルデヒドを分解する
  • 解毒と代謝により二日酔いを防止・改善する

二日酔い対策だけにとどまらず、日々の健康のためにはオルニチンは欠かすことのできない栄養素です。

シジミなどの食品やサプリメントでオルニチンを積極的に摂るようにしたいですね。

TOP