肝臓ケアナビ

オルニチンはストレスに効果がある!肝臓の機能を活発にする方法

「仕事も家庭もすぐに疲れてしまう」、「人づき合いでストレスが溜まってしまう」などの悩みを抱える方は少なくありません。しかし、仕事も家庭も、そして人づき合いも、社会生活を送るうえで必ず必要な要素です。

この記事では「慢性疲労を回復したい!」、「上手にストレスを解消したい!」と考えている方におすすめしたい、オルニチン配合サプリメントを紹介いたします。

実際にオルニチンを摂取することで疲労回復やストレス解消に効果はあるのか、疲れやストレスにお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

オルニチンでストレス解消できるか

ストレスを抱えると肝臓の機能が低下する

オルニチンは肝臓の機能を向上します。また、ストレスは肝臓の機能の低下と深い関係があるため、オルニチンを摂ることでストレスの解消がはかれます。

ストレスを抱えてしまうと、からだはバランスを崩しやすくなります。交感神経と副交感神経のバランスも崩しやすくなってしまいます。交感神経は、意識せずに日中に内臓がバランスよく働くようにコントロールをし、副交感神経は、夜間の内臓の働きをコントロールします。

ストレスによって交感神経が過度に緊張した状態を保つようになると、バランスを崩してしまい、肝臓に大きな影響を及ぼしてしまいます。

副交感神経が活発になる夜間は、からだのメンテナンスを主に行うときです。肝臓は副交感神経によって制御されている器官です。

それで、ストレスによって常に交感神経が活発になっていると、肝臓の働きが衰えてしまいます。また、交感神経が活発な状態だと、肝臓に十分な量の血液が供給されにくくなります。

さらに、アドレナリンやノルアドレナリンなどの物質が抗ストレスのためにたくさん分泌され、活発に活動するようになります。このことも肝臓の負担を高める状況を招きます。

オルニチンは肝臓の機能を活発にさせる効果がある

肝臓が機能低下してしまったら、肝臓の代謝、消化、解毒の作用を十分に果たせなくなってしまい、さらなる疲労感を生み出してしまいます。その疲労感がさらなるストレスや、場合によってはうつ状態を引き起こしてしまうこともあります。

そんなときに、オルニチンというアミノ酸は、肝臓の機能を活発にして、解毒や代謝などのからだに必要な作用を助けることができます。化学反応によって、肝臓内にたまったアンモニアを分解し尿素とすることができるのです。

ですから、ストレスの原因である肝臓の機能の低下から脱出するために、オルニチンを使って肝臓の機能が回復できるということです。

オルニチンの体内での作用

オルニチンの作用

オルニチンは、メンタルストレスが高まるのを防いでくれる効果があります。オルニチンを摂取していると、ストレスにより分泌されてしまうコルチゾールというホルモンの分泌量が少なくなります。

このことは、オルニチンを摂取すればストレスがなくなっていくということを示しているといえます。

オルニチンは、シジミにたくさん含まれています。サプリメントで摂取するほうが簡単に大量のオルニチンを摂ることができます。

参照サイト:「研究8」オルチニン研究会

肝臓に作用する他の物質について知る

スルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれている成分は、肝臓の解毒酵素を活発にし、肝臓の働きをサポートしてくれます。

リジンは、からだでつくることのできない、食品から摂り入れる必要のあるアミノ酸です。肝臓の働きを強めてリパーゼという酵素の働きを活発にします。

それによって、脂肪酸を消化しやすくなり、血中にめぐってしまっていた脂肪酸やコレステロールの濃度が緩和されることになります。

オルニチンを効率よく摂れるサプリメント

シジミだけで、1日に必要なオルニチンを摂るとなれば、何kgも毎日食べなければなりません。しかし、毎日食べ続けるのは大変です。

ですからオルニチンはサプリメントで摂ることがおすすめです。品質重視で原料にこだわっている通信販売サイト「ステラ漢方」のサプリメント「オルニパワーZnプラス」がおすすめです。

自然の恵みであるシジミエキスのオルニチンを1日分4粒のサプリメントで、800mgが摂取することができるようになっています。また、オルニチン以外にも、からだがつくり出すことができない必須アミノ酸を9種類も含んでいて、からだの機能を高めてくれます。

さらに「オルニパワーZnプラス」は、亜鉛などのミネラルがいっぱいで栄養豊富な牡蠣を、毎日食べるのと同じ効果を得ることができます。なかなか高価な牡蠣を毎日食べるのは難しいですが、このサプリメントで継続してミネラルを摂取し続けることができます。

ストレスは溜め込まないでオルニチンサプリメントで解消しよう

では、オルニチンとストレスについておさらいしましょう。

  • ストレスと肝臓の関係はとても密接で、ストレスを強く感じていると、肝臓の機能が低下してしまう。また、肝臓の機能が低下していると、ストレスが強くなってしまうということもある。
  • 肝臓とオルニチンの関係は、解毒や代謝の機能をオルニチンが大いに助けるということ。
  • オルニチンは、ストレスの高まりを防ぐ効果がある。
  • オルニチン以外にも、リジンやスルフォラファンという肝臓の機能を向上させるものがある。

肝臓は、痛みを感じない臓器であり、機能が低下したり病気になったりしたとしても、すぐに気づくことができません。むしろ、肝臓が悪いと感じるぐらいであれば、相当肝臓が悪化している状態になっているといえます。

肝臓が悲鳴を上げてしまう前に、肝臓のケアについてよく理解して、十分に休息をとりながら肝機能の回復を目指していくことが肝心です。

肝臓の機能を強くするサプリメントを上手に選んで、ストレス知らずのからだをつくっていきましょう!

TOP