肝臓ケアナビ

  • 二日酔いしにくい酒の種類が知りたい!3つの対策方法を原因から解説

二日酔いしにくい酒の種類が知りたい!3つの対策方法を原因から解説

「お酒を飲んだ後に二日酔いになりやすくなってきた」
「お酒の種類を変えることで二日酔いを防ぐ方法ってない?」

社会人にとって、二日酔いって本当に辛いですよね。

この記事では、二日酔いになりにくいお酒の種類やならない方法を解説します。参考にして二日酔いを予防しましょう。

この記事で紹介する3つの二日酔い対策方法
  1. 飲むお酒の種類で対策
  2. お酒の飲み方で対策
  3. 肝機能(アルコール分解能力)を高めて対策

二日酔いがお酒の種類を選ぶことで対策できる理由

一般的に、二日酔いの症状は「アセトアルデヒド」が、肝臓で十分に処理されないことで発生すると言われています。アセトアルデヒドとはアルコールが分解されてできる物質です。

つまり、アルコールの分解のしやすさが二日酔いのなりやすさ・なりにくさに繋がります。

では、この二日酔いの原因に飲むお酒の種類がどのように関係があるのでしょうか?

お酒の種類によってアルコールの分解のしやすさが変わるため、お酒の種類を選ぶことで二日酔いの対策ができると言えます。

ここからは、二日酔いになりにくい・なりやすいお酒をそれぞれ紹介します。

二日酔い「しにくい」お酒の種類とその理由

“二日酔いしにくい種類のお酒は蒸留酒"

二日酔いしにくいお酒の種類は蒸留酒です。主な蒸留酒の種類と二日酔いになりにくい理由をご説明します。

主な蒸留酒

二日酔いしにくいお酒である蒸留酒には主に次のような種類があります。

  • ウィスキー
  • ブランデー
  • ウォッカ
  • ジン
  • テキーラ
  • ラム
  • 焼酎 など

ここからは蒸留酒が二日酔いになりにくい理由をご説明します。

蒸留酒が二日酔いになりにくい理由

二日酔いしやすいのかどうかは、そのお酒のアルコールを肝臓で分解しやすいのかどうかで決まります。

焼酎やウイスキー、スピリッツなどの蒸留酒は、蒸留によりアルコール度数が高くなりますが、同時に不純物もなくなり純度の高いお酒になるため、二日酔いになりにくいといわれています。

ウイスキーや焼酎などのアルコール度数の高いお酒はストレートではなく、お湯や水などで割ったり、ハイボールにすることで、より二日酔いになりにくくなります。

「蒸留酒は二日酔いしにくいと言われても、焼酎とかウイスキーって強いお酒のイメージがある」

たしかに、ウイスキーなどはアルコール度数が高いので飲み過ぎには注意が必要です。アルコール度数の高いお酒を飲む際は蒸留酒を選ぶといいでしょう。

アルコール度数
お酒に含まれるエタノールの濃度のこと。度数が高いほど、同じ量のお酒を飲んだ場合アルコール摂取量が多くなる。
「二日酔い」と「悪酔い」の違い
二日酔い 悪酔い
飲酒後の翌朝に現れる症状 飲酒をした数時間以内に起こる症状

ウイスキーなどのアルコール度数が高いお酒を飲んだ後すぐに現れる症状が悪酔い、俗に言う、酔っ払っていると言う状態です。

二日酔いの症状は、基本的には夜間にお酒を飲み、翌朝に現れる症状のことを言います。

ウイスキーはアルコール度数が高いので悪酔いは比較的起こしやすいですが、翌日まで影響を残しにくい種類のお酒です。

二日酔い「しやすい」お酒の種類とその理由

“二日酔いしやすい種類のお酒は醸造酒"

主な醸造酒と混成酒

二日酔いしやすいお酒である醸造酒と混成酒には主に次のような種類があります。

醸造酒 混成酒
日本酒 果実酒(梅酒など)
ビール リキュール(カクテルなど)
白ワイン -
赤ワイン -
赤ワインはブドウの皮や種も醸造するため不純物が多いので、白ワインより二日酔いしやすいと言われています。

醸造酒や混成酒が二日酔いになりやすい理由

焼酎やウイスキーなどの蒸留酒に比べて、日本酒やワイン、ビールなどの醸造酒はアルコール以外の成分が複雑に含まれていることから二日酔いをしやすいといわれています。

お酒に含まれる成分が複雑であるほどアルコールを分解しにくくなるため、蒸留酒と比べると純度が低い醸造酒の方が二日酔いをしやすいのです。

二日酔いをしやすいお酒の特徴として、お酒に含まれる水やアルコール以外の物質が関係してきます。

蒸留酒(焼酎、ウイスキーなど)
蒸留の過程で熱を加えることにより、水やエタノール以外の不純物をできるだけ取り除いて製造される
醸造酒(日本酒、ビール、ワインなど)
蒸留という段階を踏まず発酵までの段階でのお酒なので、含まれる成分が複雑で純度が低いお酒になっております。
混成酒(果実酒、カクテルなど)
蒸留酒や醸造酒に糖分や果実、香辛料や甘味料を配合して造ったお酒のことなので、醸造酒と同様で二日酔いしやすい

混成酒ベースのカクテルが二日酔いしやすい理由

様々な味や種類があり飲みやすいカクテルですが、ベースとなるお酒によって二日酔いになりにくいか・なりやすいかが分かれます。

蒸留酒であるスピリッツベースのカクテルは、蒸留酒と同様に肝臓でアルコールを分解しやすいので二日酔いになりにくいです。しかし、混成酒であるリキュールベースのお酒は二日酔いになりやすいです。

各ベースごとのカクテルの種類
二日酔いになりにくい
蒸留酒ベース
二日酔いになりやすい
混成酒(リキュール)ベース
ジントニック カシスオレンジ
キューバリブレ ファジネーブル
テキーラサンライズ など カルーアミルク など

混成酒ベースのカクテルは、不純物が多く含まれるお酒がベースになっているのでアルコールを分解しにくく二日酔いになりやすいです。

このような種類分けの他にも、ある成分の含有量による二日酔いのなりやすさ、なりにくさもあります。それはメタノールです。

二日酔いしたくないならメタノール含有のお酒も避けるべき

“メタノールを含むお酒の種類"

メタノールは通常のアルコールより分解に時間がかかる

メタノール(別名:メチルアルコール)は、通常のアルコール(別名:エタノール)より肝臓内での分解に時間を要するので、体内に残りやすく二日酔いしやすいです。

さらに、メタノールの分解を行なっている間はアルコールの分解を後回しにしてしまうので、体内にアルコールが残り続け二日酔いになるのです。

また、メタノール自体が有毒なため、二日酔いでなくとも頭痛、めまい、吐き気を引き起こすことがあります。

メタノールが多く含まれているお酒

  • ブランデー
  • ワイン

メタノールは、ブランデーやワインなどの果実由来のお酒には比較的多く含まれています

メタノールと同様にコンジナーが含まれているお酒も避けるべきです。

コンジナー
ブドウや穀類など原料中のタンパク質と糖質が発酵するときに生成される副産物

コンジナーとは一言でいうと、醸造酒などに多く含まれる不純物のことです。これが多く含まれているとバーボンなどの色の濃いお酒になります。

なので、ブランデーや赤ワイン、バーボンなどのお酒にはメタノールやコンジナーが多量に含まれているので、お酒の種類に関係なく二日酔いになりやすいです。

お酒の種類による二日酔い対策のまとめ
  • ウイスキーや焼酎などの蒸留酒を選ぶ
  • ビールやワインなどの醸造酒は避ける
  • 特にブランデーやワインは、醸造酒でありメタノールやコンジナーを多く含むので二日酔いになりやすい

二日酔いに効く飲み物が知りたい方はこちら

【お酒の種類以外での二日酔い対策】①お酒の飲み方で対策

ここまでは、二日酔いになりにくいお酒の種類をご説明してきましたが、併せて二日酔いになりにくいお酒の飲み方をご説明します。

お酒を飲むペースを抑える

“二日酔いする理由はお酒のペース"
早いペースでお酒を飲むことにより、血中アルコール濃度が急激に上昇してしまいます。肝臓のアルコール分解能力が追いつかなくなることで二日酔いになりやすくなります。

また、早いペースの飲酒は二日酔いだけでなく、急性アルコール中毒になる可能性もあるため、ゆっくりとしたペースで飲むことが大切です。

空腹の状態でお酒を飲まない

“二日酔いする理由"
食事をとらずにお酒だけを飲むといった飲み方は、血中のアルコール濃度を急激に上昇させてしまうため、肝臓に負担をかけてしまいます。また、空腹のままお酒を飲むのも避けるべきです。アルコールの刺激によって気持ちが悪くなったり、胃を痛めてしまいます

つまみなどを同時に食べ、アルコールの吸収速度を穏やかにするよう心がけましょう。

お酒だけでなく水も飲む

“二日酔いしないためにはお酒だけじゃなく水も飲む"
アルコールには利尿作用があります。飲んだ量より多くの水分が尿として出て行ってしまうため、脱水症状になってしまいます。

肝臓でアルコールを分解するためには水分が必要となるため、水分を補給することは肝臓への負担を和らげるためにも必要です。また、お酒と一緒に水を飲むことにより、飲酒量を抑えることができ、アルコール量を減らす目的も達成できます。

色々な種類のお酒をちゃんぽんしない

“二日酔いする理由はお酒をちゃんぽんすること"
最初はビール、次はカクテル、その次は焼酎を飲む、などと色々なお酒を飲みまわすこと、いわゆる「ちゃんぽん」は二日酔いの原因になりやすいです。

醸造酒が蒸留酒より二日酔いになりやすい原因が不純物の多さだったのと同じように、色々なお酒を飲むと肝臓の分解作業が多様になってしまいます

ですので、二日酔いになりたくない日は多くの種類のお酒を飲まないようにしましょう。

【お酒の種類以外での二日酔い対策】②加齢により低下した肝機能を高める

“お酒の種類以外の二日酔い対策"

肝機能を高めて二日酔いを予防する方法

ここまで、「お酒の種類」や「お酒の飲み方」による二日酔い対策をご説明してきましたが、自分でコントロールできないこともありますよね。

自分でお酒の種類や飲み方をコントロールできない時は、サプリメントで肝臓の機能を向上させてアルコールの分解を早めることがオススメです。

二日酔いの原因が肝臓でのアルコール分解に支障をきたすことだということは説明しました。なので、肝臓のアルコール分解を促進させれば二日酔いは予防できるということです。

肝臓でのアルコール分解を促進するには、「オルニチン」という成分がオススメです。

「どうやったらアルコールの分解を早められるの?」と思う方も多いと思うので、そのメカニズムをご説明します。

オルニチンというアミノ酸の働き

オルニチンとはアミノ酸の一種です。摂取されると、腸内で吸収され、肝臓や腎臓、そして筋肉などへと運ばれていきます。

肝臓で吸収された場合に、アルコールの分解を促進する働きがあります。

>>オルニチンとは?本当に効果があるのかを働きや効果から徹底解説

オルニチンが与える二日酔いへの効果

  • アルコールの分解促進による二日酔いの予防
  • エネルギー生成のサポートにより次の日の目覚めがスッキリする

アルコールは体内に入ると、アセトアルデヒドという有害な物質に変化します。このアセトアルデヒドは肝臓で無害な物質に変換されるのですが、肝機能が低下していると寝ている間に無害化が終わらずに二日酔いを引き起こすといわれています。

しかし、オルニチンは肝臓の働きを補完してアルコールの分解を促進するので、二日酔い予防の効果があります。

さらに、肝臓には「代謝」というエネルギー生成の働きもあり、オルニチンはアルコールだけでなく、エネルギー生成の邪魔をするアンモニアの分解も促進します。

なので、オルニチンは二日酔いの予防だけでなく、エネルギー生成の促進による疲労回復効果で朝のダルさを解消することもできます。

二日酔いを予防するだけでなく、日々の疲労回復にもオルニチンは効果的です。

オルニチンの摂取なら「オルニパワーZnプラス」というサプリがおすすめ

“しじみの力よりオルニパワーZnプラスがおすすめ"
オルニチンを摂るのであれば、食事よりサプリでの摂取がおすすめです。理由としては、食事よりサプリの方が「簡単」に「必要な量」のオルニチンを摂取できるからです。

ステラ漢方の「オルニパワーZnプラス」は簡単に必要摂取量を摂ることができるだけでなく、「オルニチン」以外にも「亜鉛」や「アスタキサンチン」などの食生活の偏りがちな現代人が不足している成分も含んでいます。

お酒の種類や飲み方では対処できない根本的な二日酔いの原因を解消するには、体の内側からの対策が必要です。

ぜひ一度、オルニチンサプリの「オルニパワーZnプラス」をお試しください。今なら初回500円で試すことができます。

【オルニパワーZnプラスの口コミ】成分別の効果と副作用を簡単解説!

サプリとなると副作用などの安全性が気になりますが、オルニパワーはGMP認定工場にて衛生管理を徹底して製造されていて、食品分析センターでの検査も行なっているので、安心してご利用できます。
GMP
厚生労働大臣が定めた、医療品などの品質管理基準のこと。

>>オルニチンの副作用について詳しく知りたい方はこちら

まとめ|二日酔いになりにくいお酒の種類は蒸留酒|

  • 醸造酒(ビール、ワインなど)や混成酒(梅酒、リキュール)より、蒸留酒(ウイスキー、焼酎)を飲むほうが二日酔いになりにくい
  • 早いペースや空腹のまま飲んだり、複数の種類のお酒を飲むと二日酔いになりやすい
  • オルニチンなら「お酒の種類」や「飲み方」では対処できない根本的な原因を解消できる

二日酔いの対策は、飲むお酒の種類や飲み方を変えることだけでは満足とは言えません。オルニチンを摂取して、アルコールに負けないカラダを作り上げましょう。

お酒の種類や飲み方での二日酔い対策で効果を感じられなかったり、お酒の場で色々と考えるのが面倒臭い方にもオルニチンの摂取はおすすめです。

食事ではなくサプリから摂取するのなら、手間がかからず簡単に摂取できます。

「オルニパワーZnプラス」なら、初回は500円で試せるので、少しでも興味がある方はぜひお試しください。

 
 
【オルニパワー以外のサプリが気になる方はこちら】
しじみの力の口コミ・体験談|効果や副作用、安全性と料金比較
【ヘパリーゼZの口コミ】二日酔いへの効果や副作用、飲むタイミング
協和発酵バイオ「オルニチン」の口コミ|疲労や二日酔いへの効果

 
 
【関連記事一覧】
二日酔いにコーヒー?3つのポイントを抑えて効果最大化
二日酔い対策の風呂は危険!その理由と入浴以外の二日酔いを治す方法
オルニチンは腎臓に効果ある?肝臓との関係性と気になる改善方法

TOP