肝臓ケアナビ

  • 二日酔いにならない酒の種類が知りたい!予防方法を原因から徹底解説

二日酔いにならない酒の種類が知りたい!予防方法を原因から徹底解説

「お酒を飲んだ後に二日酔いになりたくない」
「お酒の種類を変えることで二日酔いは防げるのかな?」

あらかじめ「二日酔いをしにくいお酒」と「二日酔いをしやすいお酒」の種類や特徴を知っていれば、二日酔いにならない飲み方ができて、お酒の席も楽しく過ごせます。

今回は、二日酔いをしやすいお酒・しにくいお酒について紹介をしつつ、二日酔いにならないためには何をすればいいかをご説明します。

二日酔いしにくいお酒の種類は焼酎やウイスキーなどの蒸留酒

“二日酔いしにくい種類のお酒は蒸留酒"

主な蒸留酒

主な蒸留酒には次のような種類があります。

  • ウィスキー
  • ブランデー
  • ウォッカ
  • ジン
  • テキーラ
  • ラム
  • 焼酎

蒸留酒が二日酔いになりにくい理由

二日酔いしやすいのかどうかは、そのお酒のアルコールを肝臓が分解しやすいのかどうかで決まります。

焼酎やウイスキー、スピリッツなどの蒸留酒は二日酔いになりにくいといわれています。蒸留により、アルコール度数が高くなりますが同時に不純物もなくなり、純度が高いお酒になるからです。

純度が高いので肝臓でアルコールを分解しやすく、二日酔いになりにくいのです。これらのお酒はストレートではなく、お湯や水などで割ったり、ハイボールにすることで、より二日酔いになりにくくなります。

ウイスキーなどはアルコール度数が高いので二日酔いしやすいと思われがちですが、成分としては二日酔いしにくいお酒になります。しかし、アルコール度数が高いので飲みすぎるとアルコール度数の面から二日酔いや悪酔いをしやすいです。

アルコール度数とは、お酒に含まれるエタノールの濃度を示しています。つまり、度数が高いほどアルコールが多く含まれているということになります。同じ量のお酒を飲んだ場合、度数が高いほどアルコール摂取量が多くなります。

アルコールの摂取量が多いほど肝臓への負担が高まり、二日酔いになりやすくなるため、アルコール度数の低いお酒のほうが二日酔いをしにくくなります。

二日酔いしやすいお酒の種類はビールやワインなどの醸造酒と混成酒

“二日酔いしやすい種類のお酒は醸造酒"

主な醸造酒と混成酒

主な醸造酒と混成酒には次のような種類があります。

醸造酒 混成酒
日本酒 梅酒
ビール リキュール
白ワイン -
赤ワイン -

白ワインより赤ワインの方が、二日酔いしやすいと言われています。赤ワインの方がブドウの皮や種も醸造するため、不純物が多いからです。

醸造酒や混成酒が二日酔いになりやすい理由

焼酎やウイスキーなどの蒸留酒に比べて、日本酒やワイン、ビールなどの醸造酒はアルコール以外の成分が含まれていることから二日酔いをしやすいといわれています。

お酒に含まれる成分が複雑であるほどアルコールを分解しにくくなるため、蒸留酒と比べると純度が低い醸造酒の方が二日酔いをしやすいのです。

二日酔いをしやすいお酒の特徴として、お酒に含まれる水やアルコール以外の物質が関係してきます。

蒸留酒は熱を加えることにより、水やエタノール以外の不純物をできるだけ取り除いて製造されるため二日酔いになりにくいとされています。一方で、醸造酒は蒸留という段階を踏まず発酵までの段階でのお酒なので、純度が低いお酒になっております。

ちなみに、混成酒とは蒸留酒や醸造酒に糖分や果実、香辛料や甘味料を配合して造ったお酒のことなので、醸造酒と同様で二日酔いしやすいと言われています。

二日酔いしたくないならメタノール含有のお酒は避けるべき

“メタノールを含むお酒の種類"

メタノールは通常のアルコールより分解に時間がかかる

メタノール(別名:メチルアルコール)は、通常のアルコール(別名:エタノール)より肝臓内での分解に時間を要するので、体内に残りやすく二日酔いしやすいのです。

さらに、メタノールの分解を行なっている間はエタノールの分解を後回しにしてしまいます。その結果、体内にアルコールが残り続け二日酔いになるのです。

また、メタノール自体が有毒なため、二日酔いでなくとも頭痛、めまい、吐き気を引き起こすことがあります。

果実由来の種類のお酒には比較的メタノールが多く含まれている

メタノールは、ブランデーやワインなどの果実由来のお酒には比較的多く含まれています。ちなみにウイスキーや果実にも微量なメタノールが含まれています。

お酒の種類以外で判断するなら、果実にメタノールは含まれているので色の濃いお酒はメタノール含有量が高い可能性があります。

二日酔い対策となるお酒の飲み方

ここまでは、お酒の種類による二日酔いのなりやすさについて説明してきましたが、二日酔いの原因はお酒の種類だけではありません。

ここからは、お酒の飲み方による二日酔いのなりやすさの説明と対策についてご紹介します。

お酒を飲むペースを抑える

“二日酔いする理由はお酒のペース"
早いペースでお酒を飲むことにより、血中アルコール濃度が急激に上昇してしまいます。肝臓のアルコール分解能力が追いつかなくなることで二日酔いになりやすくなります。

また、早いペースの飲酒は二日酔いだけでなく、急性アルコール中毒になる可能性もあるため、ゆっくりとしたペースで飲むことが大切です。

空腹の状態でお酒を飲まない

“二日酔いする理由"
お酒だけを飲むといった飲み方は、アルコールの血中濃度を急激に上昇させてしまうため、肝臓に負担をかけてしまいます。また、空腹のままお酒を飲むのも避けるべきです。アルコールの刺激によって気持ちが悪くなったり、胃を痛めてしまいます。

つまみなどを同時に食べ、アルコールの吸収速度を穏やかにするよう心がけましょう。

お酒だけでなく水も飲む

“二日酔いしないためにはお酒だけじゃなく水も飲む"
アルコールには利尿作用があります。飲んだ量より多くの水分が尿として出て行ってしまうため、脱水症状になってしまいます。

肝臓でアルコールを分解するためには水分が必要となるため、水分を補給することは肝臓への負担を和らげるためにも必要です。また、お酒と一緒に水を飲むことにより、飲酒量を抑えることができ、アルコール量を減らす目的も達成できます。

色々な種類のお酒をちゃんぽんしない

“二日酔いする理由はお酒をちゃんぽんすること"
最初はビール、次はカクテル、その次は焼酎を飲む、などと色々なお酒を飲みまわすことは二日酔いの原因になりやすいです。

醸造酒が蒸留酒より二日酔いになりやすい原因が不純物の多さだったのと同じように、色々なお酒を飲むと肝臓の分解作業が多様になってしまいます。

なので、二日酔いになりたくない日は多くの種類のお酒を飲まないようにしましょう。

二日酔いを前もって防げる予防方法

ここまで、お酒の種類や飲み方による二日酔い対策をご説明してきましたが、飲むのであれば気兼ねなく飲みたいですよね。

飲むお酒の種類や飲み方をあまり気にせずにお酒を楽しみたい方は、肝臓の機能を向上させてアルコールの分解を早めることがオススメです。

二日酔いの原因が肝臓でのアルコール分解に支障をきたすことだということは説明しました。なので、肝臓のアルコール分解を促進させれば二日酔いは予防できるということです。

肝臓でのアルコール分解を促進するには、「オルニチン」という成分がオススメです。

「どうやったらアルコールの分解を早められるの?」と思う方も多いと思うので、そのメカニズムをご説明します。

二日酔い対策にオルニチンは効果がある

オルニチンというアミノ酸の働き

オルニチンとはアミノ酸の一種です。摂取されると、腸内で吸収され、肝臓や腎臓、そして筋肉などへと運ばれていきます。

肝臓で吸収された場合に、アルコールの分解を促進する働きがあります。

オルニチンが与える二日酔いへの効果

  • アルコールの分解促進による二日酔いの予防
  • エネルギー生成のサポートにより次の日の目覚めがスッキリする

アルコールは体内に入ると、アセトアルデヒドという有害な物質に変化します。このアセトアルデヒドは肝臓で無害な物質に変換されるのですが、肝機能が低下していると寝ている間に無害化が終わらずに二日酔いを引き起こすといわれています。

しかし、オルニチンは肝臓の働きを補完してアルコールの分解を促進するので、二日酔い予防の効果があります。

さらに、肝臓には「代謝」というエネルギー生成の働きもあり、オルニチンはアルコールだけでなく、エネルギー生成の邪魔をするアンモニアの分解も促進します。

なので、オルニチンは二日酔いの予防だけでなく、エネルギー生成の促進による疲労回復効果で朝のダルさを解消することもできます。

二日酔いを予防するだけでなく、日々の疲労回復にもオルニチンは効果的です。

まとめ

  • 醸造酒(ビール、ワインなど)や混成酒(梅酒、リキュール)より、蒸留酒(ウイスキー、焼酎)をほうが二日酔いになりにくい
  • 早いペースや空腹時で飲んだり、お酒をちゃんぽんすると二日酔いになりやすい
  • オルニチンの効果は、「アルコールの分解促進」と「疲労回復」

二日酔いは、飲むお酒の種類や飲み方を変えることでの対策だけでは満足とはいえません。オルニチンを摂取して、アルコールに負けないカラダを作り上げましょう。

オルニチンの摂取方法としては、食事では日々の摂取や準備が大変なのでサプリメントによる摂取がオススメです。

初回は500円で試せるオルニチンサプリがあるので、少しでも興味がある方はぜひお試しください。
オルニチンサプリを見てみる

TOP