肝臓ケアナビ

オルニチンの正しい飲み方とは?適量やタイミング、注意点について

「オルニチンの正しい飲み方が知りたい」
「飲み方によっては副作用があるのかな?」

健康志向が高くなっていますが、それを支えているのがサプリメントや健康食品です。健康によいさまざまな成分が配合されていますが、その中でも注目されているのがオルニチンです。

せっかくオルニチンに興味があるのなら、正しい飲み方で最大限の効果を発揮したいですよね。

なので、ここではオルニチンの正しい飲み方と、どのような効果があるのかについて説明します。

オルニチンの正しい飲み方

“オルニチン
どんなに健康によい成分や栄養素でも適量というものがあります。また飲み方によって、より効果を引き出せることがあります。まずは正しい飲み方を知ってください。

オルニチンの1日に飲む適量

オルニチンが配合されているサプリメントや健康食品には飲み方についての表示があります。それぞれの製品によって違いますから、必ずその表示に従って飲むようにしてください。

一般的にオルニチンの摂取量の目安は、1日当たり約400mg〜1,000mgといわれています。オルニチンは肝臓の働きをサポートするので、個人の体格差によっても適量は変わります。またオルニチンを摂取する目的によっても変わってきます。

「mg」で言われてもあまりイメージできない方もいると思うので、オルニチンが含まれていることで有名なしじみの個数で換算すると1,000個分以上にもなります。

お酒が大好きな人は肝臓の健康を維持するために、1,000mgから1,500mgを必要としますし、ダイエット効果が目的の人は2,000mgから3,000mg必要です。

ですが、最初からたくさん摂取するのではなくて、初めての場合は1日当たり400mg程度から始めて、2週間程度続けて異常がなければ徐々に増やしていくのが無難です。

効果を発揮しやすいオススメの飲み方

サプリメントや健康食品を飲むにあたって大事なことは、長く飲み続けることです。オルニチンも同じで毎日続けることが健康につながっていきます

そのためには無理をしないで、自分の飲みやすい時間帯に飲むのが一番です。そのうえで知っておいてほしいのが、よりオルニチンの効果を発揮できる飲み方です。

オルニチンは体内に蓄積できないという特徴があります。そのため一度に多く摂取するよりも、分けて摂取するほうが効果的です。

例えば400mgを摂取するときは一度に飲むのではなく、朝、昼、晩と小分けにして飲むとより効果が持続します。食前食後はどちらでもかまいませんが、どちらかというと食後がおすすめです。

食後であれば、食べた物と混ざり合い肝臓にも無理のない飲み方になるからです。求める効果によって適切なタイミングは変わりますが、基本的には食後がオススメです。

オルニチンを飲むときの注意点2つ

健康によい成分や栄養素はたくさん飲めばそれだけ効果があると思いがちですが、逆効果になる場合も多いのです。特に気をつけたい他の薬を飲んでいるときと過剰摂取の注意点について説明しましょう。

(1)他の薬と併用するときは気をつける

オルニチンは副作用がありませんが、他の薬(成分)と併用する場合には気をつける必要があります。具体的にどの薬(成分)との飲み合わせが悪いというのは、量によって変わってくるので一概にはいえません。

サプリメントと薬を同時に摂取したい場合は、一緒に飲まないで時間をずらせることです。また、飲み合わせが気になる場合は事前に医師・薬剤師へ相談しましょう。

薬やサプリメントを飲むときの基本ですが、グレープフルーツジュースやコーヒーと一緒に飲むのは厳禁です。

なぜかというと血圧を下げてしまうことがあり、それに薬やサプリメントが相互作用して身体に悪影響を与える可能性があるからです。基本的に水で飲むようにしましょう。

(2)過剰摂取をしても効果は出ない

これは全てのサプリや健康食品に当てはまると思いますが、オルニチンも飲み過ぎると人によっては胃痛や下痢を起こすことがあります。体質にもよりますが、オルニチンは体内に蓄積できないので一度にたくさん飲んでも無駄なのです

ですが、オルニチンを飲み過ぎて副作用が出たという報告はありません。これは、体内に蓄積されずに排出されてしまうので副作用が起こりにくいともいわれます。

念のため、1日当たり400mgを目安にして、徐々に増やしていくという飲み方がおすすめです。

オルニチンの摂取で得られる5つ効果

ここまでの説明でオルニチンの正しい飲み方がわかったと思います。ここからは正しい飲み方をしたらどんな効果があるのかと、求める効果ごとに変わるオルニチンを摂取するべきタイミングに関しても説明していきます。

一般的に知られている効果

オルニチンには以下のようにいろいろな効果があることがわかっています。

(1)肝機能の回復

“オルニチン
肝臓は、アルコール代謝やアンモニアの解毒などを行います。その負担が大きくなると肝機能が低下し、肝硬変などを発症します。オルニチンは新陳代謝を高めてアンモニアの解毒を助ける働きをするので、肝機能の向上、回復をサポートしてくれます。

(2)二日酔い対策

“オルニチン
お酒を飲み過ぎると二日酔いになりますが、肝臓のアルコール分解機能が悪くなるのが原因です。オルニチンは肝機能を回復させるので二日酔いにも効果があります。

二日酔い対策に特に力を入れたい方は、お酒を飲んだ直後にオルニチンを飲むことをオススメします。オルニチンがアルコールの分解を手助けしてくれるからです。

(3)美容効果

“オルニチン
オルニチンは新陳代謝を高める働きをするので細胞や組織の活動が活発になって、肌のターンオーバーがよくなります。古い皮膚が剥がれ落ちて新しい皮膚に入れ替わるのをターンオーバーと言いますが、オルニチンにはこのような美肌を促す効果もあります。

美肌効果に特に力を入れたい方は、睡眠前にオルニチンを飲むことをオススメします。食後で、血糖値が下がりだす睡眠前は成長ホルモンが分泌されやすいからです。

あまり知られていない効果

オルニチンには意外な効果もあるので、それについても紹介しましょう。

(4)精神安定

オルニチンには、唾液中のコルチゾールの分泌を抑える働きがあります。コルチゾールという成分は過剰なストレスによって発散され、免疫機能の低下や精神疲労を引き起こします。オルニチンを摂取することでコルチゾールの発散を抑え、精神の疲労を軽減できます。

(5)体臭を抑える効果

体臭の原因となるのはアンモニアです。代謝機能が衰えるとアンモニアの分解ができなくなって体臭が発生しやすくなります。オルニチンにはアンモニアの解毒作用があるため、体臭を抑える効果もあるのです。加齢臭にも効果があります。

オルニチンの効果を発揮しやすいオススメのサプリ

オルニチンにはいろいろな効果があることがわかりました。しかし、その効果を実感するには継続して摂取することが大切です。

なので、ここからは続けやすいオススメのオルニチンサプリをご紹介します。

オルニチンを摂取できるサプリメントの中でオススメなのが、ステラ漢方が販売をしている「オルニパワーZnプラス」といサプリメントです。

オルニパワーは、肝臓に効果的な品質の高いオルニチンを配合しています。それを1日に4粒飲むだけで、800mgのオルニチンを摂取することができます。

さらにオルニチンだけでなく、「亜鉛」や「アスタキサンチン」なども含まれています。

亜鉛の効果
  • 抗酸化作用
  • 免疫力の向上
  • 抜け毛の防止
  • 生殖機能の改善
アスタキサンチンの効果
  • 老化による病気の防止
  • 疲労回復
  • 紫外線による肌の老化の防止
  • 生活習慣病の予防

出典元:「アスタキサンチンについて」富士フィルム

ざっと効果を並べましたが、オルニチンの効果を補強する働きもすれば、全く別の効果も発揮します。これが、「オルニパワーZnプラス」をオススメする理由です。

さらに、初めての方は500円(税込)で体験することができます。ぜひお試ししてみてください。

まとめ

オルニチンの飲み方については適量や注意点、正しく飲んだ際の効果などについてご紹介しました。

  • 適量は1日に400mgから1000mgで、初めは少ない量から飲むこと。
  • 過剰摂取は避ける。
  • 一度に多く飲むより何回かに分けて飲む。
  • サプリメントと薬を併用するときには時間をずらす。
  • 一般的には肝機能の回復、二日酔い、美容に効果がある。
  • 知られていない効果としては、精神安定や体臭にも効き目がある。
  • 続けやすいサプリメントは「オルニパワーZnプラス」

正しい飲み方で、オルニチンの効果をぜひ実感してみてください。

TOP