肝臓ケアナビ

オルニチンとは一体なに?効果とオススメ摂取方法を徹底解説

「二日酔いにいいって聞くけど、一体なに?」
「どうやって摂取すればいいの?」

「二日酔い」に効くと昨今話題のオルニチンですが、本当に効果があるのでしょうか?

この記事では、オルニチンがもたらす効果や効果的な摂取方法について徹底解説します。

オルニチンとは一体なに?

オルニチンとは、一言でいうと肝臓の働きを助けるアミノ酸です。

ここから、詳しく解説していきます。

オルニチンはアミノ酸の一種である

オルニチンは、アミノ酸の一種ですが、体内でたんぱく質を構成していないことから「遊離アミノ酸」と呼ばれています。多くのアミノ酸はカラダに取り込まれると、たんぱく質に組み替えられます。しかし、オルニチンのような遊離アミノ酸は細胞や血液中に蓄えられ重要な役割を担います

オルニチンは体内に存在している成分であるため、人間でも生成が可能とされています。ただし、外部から摂取することでより有効に活用できるということで、古くから食べられてきました。

オルニチンの働き

オルニチンが摂取されると、腸内で吸収され、肝臓や腎臓、そして筋肉などへと運ばれていきます。

特に肝臓で吸収された場合は、オルニチンサイクルという尿素回路で活用されます。オルニチンサイクルとは、一言で表すと、「有害物質のアンモニアを無害の尿素に変換すること」を言います。

オルニチンの働きの流れ
  1. オルニチンが肝臓で有害物質の「アンモニア」の解毒を促進する
  2. 肝臓でアンモニアがスムーズに尿素に変換される
  3. アンモニアが減少することにより、エネルギー産生が円滑にできる
  4. 肝臓の機能が高まり、様々な効果が現れる

肝臓には、大きく分けて3つの働きがあります。

  • 代謝
  • 解毒
  • 胆汁の生成

代謝とはエネルギーの生成のことなのですが、このエネルギー生成を邪魔するのがアンモニアです。しかし、オルニチンが肝臓に入ってきた場合にアンモニアの解毒を促進してくれます。

なので、オルニチンを補給することで、肝臓の機能低下を抑え、さらにアンモニアが減少することによりエネルギー産生を円滑にすることから、疲労回復などの効果が期待できるのです。

ここからは、このようなオルニチンの働きで日常生活にどんな良い影響を与えるのかについて説明します。

オルニチンとは二日酔いの他にどういう効果があるの?

オルニチンの主な効果はこちらです。

  1. 二日酔いを防ぐことができる
  2. オルニチンは疲労を抑える効果がある
  3. オルニチンはエネルギーを生み出す
  4. 代謝機能の改善による美肌効果

ここではそれぞれを詳しく解説します。

(1)二日酔いを防ぐことができる

オルニチン とは
オルニチンが肝臓に良い働きをしてくれることは説明しましたよね。アルコールや一般的に二日酔いの原因ともされているアセトアルデヒドは、肝臓の機能の1つである「解毒作用」を通じて分解されるのです。

なので、オルニチンにより肝機能を向上させることで二日酔いを予防、軽減することができるのです。

アセトアルデヒドが分解されることで二日酔いが改善されるだけでなく、上記のようにエネルギー(ATP)を生み出してくれるので朝のだるさを和らげてくれるのです。

(2)オルニチンは疲労を抑える効果がある

オルニチン とは

人体は、ATP(アデノシン3リン酸)という物質をエネルギーに変換して活動を続けることができます。体内でアンモニアを分解するためには、ATPを消費する必要があるため、アンモニアが体内に多いと、疲労回復にエネルギーを回せなくなります。

しかし、オルニチンを取り込むことで、アンモニアの解毒を促進させ、ATPを疲労回復のエネルギーに回すことができるのです。

(3)オルニチンはエネルギーを生み出す

オルニチン とは
アルコールを分解すると、「アセトアルデヒド」が生み出されます。このアセトアルデヒドが存在すると、ATPを産生する過程で支障をきたし効率が悪くなります。そのため、アセトアルデヒドが多いとエネルギーが生み出されにくくなります。

オルニチンを体内に増やすことで、体内のアセトアルデヒドの除去が促進されます。それによって、阻害されていたATPの産生も併せて促進されるようになり、疲れが回復しやすくなると報告されているのです。

このように、疲労回復、そしてエネルギーを効率よく生み出すためには、オルニチンが必要不可欠なのです。

(4)代謝機能の改善による美肌効果

オルニチン とは
オルニチンの摂取は遠からず、美肌に対しても効果があります。

肌がボロボロになってしまう原因として、アンモニアの蓄積による代謝機能の低下の影響で、肌に必要な栄養素が届けられなくなることが挙げられます。

しかし、オルニチンの高い解毒作用によりアンモニアの分解が促進されて代謝機能が改善されることで、美肌の獲得に大きく貢献するのです。

オルニチンはこのように肝臓の機能向上を通じて、日常生活に様々な影響を与えてくれます。ここからは、そんなオルニチンの摂取方法について説明します。

オルニチンとはどう摂取すればいいの?

オルニチンの主な摂取方法は2つです。

  1. 食べ物
  2. サプリメント【おすすめ】

オルニチンはどのように摂取すればよいのかについて、詳しく見ていきましょう。

(1)オルニチンが含まれる食材から摂取する

オルニチンの摂取によいと、もっともよく知られているのがしじみです。その他には、ヒラメや、キハダマグロ、チーズやエノキタケが挙げられます。それぞれの100g当たりのオルニチン量は、以下の通りです。

  • しじみ 10.7mg~15.3mg
  • ヒラメ 0.6mg~4.2mg
  • キハダマグロ 1.9mg~7.2mg
  • チーズ 0.8mg~8.5mg
  • エノキダケ 14.0mg

しかし、オルニチンの1日の摂取目安量は800mg程度だと言われています。なので、800mgをしじみの個数で換算すると1,000個以上のしじみを毎日食べなければいけません。

目安なので、必ず摂取しなければいけないわけではありませんが、「オルニチンの効果を得たい!」と思うなら1日800mg以上の摂取をしてみてもいいかもしれません。

そこでオススメなのが、サプリメントによるオルニチンの摂取です。

(2)オルニチン摂取でオススメなサプリメント

オルニチンが食品から摂取できるといっても、その量は微量であり、1日の摂取したほうがよいとされる量を確保するには、かなりの食品を食べる必要があります。

また、1日の摂取量をクリアしたとしても、それを毎日継続するのは非常に困難となるでしょう。そのため、効率よくオルニチンを摂取するには、サプリメントを活用するのがよいとされています。

さまざまなサプリメント会社からオルニチンに関するサプリメントが販売されており、数粒を摂取するだけで、通常のしじみ数百個分を食べるのと同じ量のオルニチンを摂取ができるとされています。

手軽に摂取ができるのがサプリメントの大きな魅力です。

最新オルニチンサプリランキングはこちら

オルニチンとは副作用はないの?

オルニチンを摂取することで、副作用があるのかについては気になるところですよね。

オルニチン自体には副作用はない。

と言われています。ただし、過剰摂取には気を付けましょう。

詳しく知りたい方はこちらの記事をチェックしてみてください。
オルニチンサプリに副作用はある?摂取する時に注意する3つのこと

まとめ|オルニチンとは肝臓の働きを助ける栄養素|

今回オルニチンについて学んだことを改めて振り返ってみましょう。

  • オルニチンとは、肝臓の働きを助けるアミノ酸
  • 肝臓の機能が高まり、様々な効果を得られる
  • 「二日酔いの防止」の他、「疲労回復」や「美肌効果」が見込まれる
  • 食べ物からの摂取は大変。サプリメントでの摂取がオススメ
  • 副作用は無いが過剰摂取は気をつけて

オルニチンには、肝臓の働きを助ける役割があることがわかります。

二日酔いに効果があるだけではなく、美肌効果や疲労回復といった効果も期待できるので、サプリなどを利用し、オルニチンを摂取してみてはいかかでしょうか。


 

この記事が参考になった方はこちらの記事もおすすめです。

TOP