肝臓ケアナビ

  • 二日酔い対策の風呂は要注意!入浴の注意点と効果的な予防法

二日酔い対策の風呂は要注意!入浴の注意点と効果的な予防法

お酒を飲んで、翌日の二日酔いが気になるときに「風呂に入ってアルコールを抜こう」と考える人は少なくありません。しかし、飲酒後の入浴でアルコールを抜くことはできません。

そればかりか、入浴が体内のアルコール分解を妨げ、さらには血行がよくなることで、アルコールが全身に回ってしまうのです。また、酔った状態での入浴は転倒リスクなども高くなります。

今回は、飲酒後の入浴は二日酔い対策に有効ではないことや、入浴時に気をつけることについて解説します。

飲酒後の脳や血液・肝臓の状態

まずは、お酒を飲むとアルコールがどのように体に取り込まれていくのか見てみましょう。

アルコールは小腸・胃→血液→肝臓と運ばれる

体内に入ったアルコールは、20%が胃で、残りの80%が小腸で吸収されます。アルコールは血液に溶け込んで全身を巡り、肝臓へと運ばれます。アルコールの約90%は肝臓で別の物質に変えられ、残りの約10%はそのまま汗や尿、吐く息の中に混じって体の外へ排出されます。

肝臓のアルコールが分解される

肝臓では、まずADH(アルコール脱水素酵素)という酵素がアルコールをアセトアルデヒドという物質に分解されます。さらに、アセトアルデヒドはALDH2(アルデヒド脱水素酵素2型)という酵素によって、酢酸という物質に分解されます。

アセトアルデヒドは頭痛や吐き気、動悸などをもたらす有害物質ですが、酢酸は体に害のない物質です。

酢酸は血液へ溶け出す

酢酸は血液中に出て全身を回りながら水と炭酸ガスに分解され、体の外へ出ていきます。

脳の血管にアセトアルデヒドが流れる

アルコールがアセトアルデヒド、酢酸とうまく分解されると問題はありません。

しかし、飲みすぎて肝臓の許容量を超えるアルコールが体の中に入ってくると、すべてのアセトアルデヒドを酢酸に分解できなくなり、一部はアセトアルデヒドのまま残ってしまいます。

残ったアセトアルデヒドが血液中に溶け出すと脳の血管が拡張され、頭痛を引き起こすことになるのです。

ちなみに、体重50kgの女性の肝臓が1時間で分解できるアルコール量は約5gといわれています。500mLの缶ビールに含まれるアルコール約20gを分解するまでに、約4時間かかる計算になります。

飲酒後のお風呂への入浴は危険

体の中に入ったアルコールの流れを踏まえ、飲酒後に風呂に入るとどのような状態になるか考えてみましょう。

アルコールは全身を巡ったあと肝臓に集まりますが、風呂に入ることで血行がよくなり、血液が筋肉に分散してしまいます。そうなると、肝臓に血液が集まりにくくなり、アルコールをうまく分解できなくなってしまいます。

また、血行がよくなることはアルコールが体中に回ることを意味します。風呂に入ることでさらに酔った状態になり、めまいや吐き気などの症状を引き起こしたり、転倒のリスクが高くなったりします。

一方、全身に血液が送られることで脳や心臓の血液量は減り、脳貧血や不整脈、心臓発作が起きる可能性もあります。また、飲酒後は脱水状態になりやすいのですが、風呂に入って汗をかくことで、脱水状態になる危険性がさらに増します。

二日酔いの症状を招きやすくし、さらには心臓発作などの症状まで引き起こす可能性があるなど、二日酔い対策の風呂にはさまざまな危険があるのです。

飲酒後の入浴で気をつけておきたいこと

先に述べたように、飲酒後の入浴には多くのリスクがあります。飲酒直後には風呂に入ってはいけません。本来はシャワー程度にしておき、湯船につかることは控えたほうが安全です。

「どうしても入りたい!」という人は、飲酒後、2時間ほど時間を空けること。そして、風呂に入る前に水分補給をしっかりしましょう。

飲酒後は脱水状態になりやすい上、風呂に入るとたくさんの汗をかきます。体内の水分が不足すると、肝臓がアルコールを分解する機能が低下し、アセトアルデヒドが体に蓄積されてしまうのです。

また、湯船の温度にも気をつけましょう。41℃ぐらいの温度のお湯に、短時間つかる程度が体を目覚めさせるのに適しています。風呂に入ることでも水分が失われているので、入浴後にも水分補給を忘れないようにしましょう。

二日酔いになった日の入浴も要注意

「二日酔い」とは、体内のアルコールがアセトアルデヒドに分解されたものの、そこから酢酸に分解が進まず、残っている状態です。肝臓はアセトアルデヒドを分解しようとがんばり、そのためには水分が普段より多く使われるので、二日酔いの状態のときは脱水症状を起こしやすくなっています。

飲酒の翌日、二日酔いの状態で風呂に入ることは、脱水症状をさらに起こしやすくするため、注意が必要です。また、熱いお湯につかると血行がよくなり、飲酒後の風呂と同じようにめまいや吐き気といった症状が起こります。

二日酔いになってしまった夜、やはり風呂に入る前にはたっぷりの水分補給をし、38℃ぐらいのぬるめのお湯にゆっくりつかります。もちろん、入浴後の水分補給も必須です。

二日酔いに強い体づくりをサポートするサプリメント

普段からアルコールを分解しやすい体づくりを心がけることは、二日酔いを軽くすることにつながります。

ステラ漢方が提供しているサプリメント「オルニパワーZnプラス」は、オルニチンを多く含むしじみエキスを配合されています。オルニチンは肝臓の解毒機能を高める役割があり、アルコールがアセトアルデヒド、さらには酢酸に分解されるのをアシストします。

二日酔いにはしじみの味噌汁がよいと昔からいわれていますが、「オルニパワーZnプラス」1日摂取目安量(4粒)に含まれるオルニチンは800mgです。しじみ100gに含まれるオルニチンの量は10.7mg〜15.3mgmg程度とされているので、実に5kg以上のしじみに含まれるオルニチンをお手軽に摂ることができるのです。

さらに、健康を維持するために欠かせない亜鉛も4粒で12mg含まれていて、こちらも1日に必要な摂取量をカバーできます。

まとめ

お酒と風呂の関係については、誤った認識をしている人が少なくありません。

飲酒後の入浴はアルコールがアセトアルデヒド、さらには酢酸へと分解する過程を邪魔することになり、かえって体の中にアルコールやアセトアルデヒドを残しやすくなってしまいます。

飲酒後、本来はシャワー程度にしておくことがのぞましいのですが、どうしても湯船につかりたい場合は以下のことに気をつけましょう。

【飲酒後、風呂に入るときに注意したいこと】

  • 湯船につかりたい場合は、飲酒2時間後以降にする。
  • 入浴前後で水分をたっぷり補給する。
  • 湯船の適温は41℃、短時間で出る。

【二日酔いの日、風呂に入るときに注意したいこと】

  • 入浴前後で水分をたっぷり補給する。
  • 38℃ぐらいのぬるま湯に、ゆっくりつかる。

TOP