肝臓ケアナビ

  • 二日酔い対策の風呂は危険!その理由と入浴以外の二日酔いを治す方法

二日酔い対策の風呂は危険!その理由と入浴以外の二日酔いを治す方法

「二日酔いの時ってお風呂に浸かったほうがいいの?」
「お酒を飲んだ後の正しい入浴法が知りたい…」

お酒を飲んで、翌日の二日酔いが気になるときは、「熱めのお湯に浸かって汗を流したほうがいい」という情報を耳にしたことがある人はいるのではないでしょうか。

しかし、それは間違いです。飲酒後の入浴でアルコールを抜くことはできません。

今回は、飲酒後の入浴は二日酔い対策に有効ではないことや、二日酔いの時の対処法について解説します。

二日酔いの朝に風呂に入ることは危険

“二日酔いでの風呂は危険"

二日酔いの時に入浴するとアルコールの回りや脱水症状を促進してしまう

飲酒後に風呂に入るとどのような状態になるかご説明します。

アルコールは全身を巡ったあと肝臓に集まりますが、風呂に入ることで血行がよくなり、血液が筋肉に分散してしまいます。そうなると、肝臓に血液が集まりにくくなり、アルコールをうまく分解できなくなってしまいます。

また、血行がよくなることはアルコールが体中に回ることを意味します。風呂に入ることでさらに酔った状態になり、めまいや吐き気などの症状を引き起こしたり、転倒などのリスクが高くなったりします。

一方、全身に血液が送られることで脳や心臓の血液量は減り、脳貧血や不整脈、心臓発作が起きる可能性もあります。また、飲酒後は脱水状態になりやすいのですが、風呂に入って汗をかくことで脱水状態になる危険性がさらに増します

二日酔いの症状を招きやすくし、さらには心臓発作などの症状まで引き起こす可能性があるなど、二日酔い対策の風呂にはさまざまな危険があるのです。

アルコールの分解過程と二日酔いの時の体の状態

“二日酔い時の体の状態"
まずは、お酒を飲むとアルコールがどのように体に取り込まれていくのか見てみましょう。

アルコールは小腸・胃→血液→肝臓と運ばれる

体内に入ったアルコールは、20%が胃で、残りの80%が小腸で吸収されます。アルコールは血液に溶け込んで全身を巡り、肝臓へと運ばれます。アルコールの約90%は肝臓で別の物質に変えられ、残りの約10%はそのまま汗や尿、吐く息の中に混じって体の外へ排出されます。

肝臓のアルコールが分解される

肝臓では、まずADH(アルコール脱水素酵素)という酵素がアルコールをアセトアルデヒドという物質に分解されます。さらに、アセトアルデヒドはALDH2(アルデヒド脱水素酵素2型)という酵素によって、酢酸という物質に分解されます。

アセトアルデヒドは頭痛や吐き気、動悸などをもたらす有害物質ですが、酢酸は体に害のない物質です。

酢酸は血液へ溶け出す

酢酸は血液中に出て全身を回りながら水と炭酸ガスに分解され、体の外へ出ていきます。

脳の血管にアセトアルデヒドが流れる

アルコールがアセトアルデヒド、酢酸とうまく分解されると問題はありません。

しかし、飲みすぎて肝臓の許容量を超えるアルコールが体の中に入ってくると、すべてのアセトアルデヒドを酢酸に分解できなくなり、一部はアセトアルデヒドのまま残ってしまいます。

残ったアセトアルデヒドが血液中に溶け出すと脳の血管が拡張され、頭痛を引き起こすなどの二日酔いの状態になってしまうのです。

ちなみに、体重50kgの女性の肝臓が1時間で分解できるアルコール量は約5gといわれています。500mLの缶ビールに含まれるアルコール約20gを分解するまでに、約4時間かかる計算になります。

二日酔いの時の正しい風呂の入り方

“二日酔いの時の風呂の入り方"

飲酒翌日の二日酔いの状態での風呂の入り方

「二日酔い」とは、体内のアルコールがアセトアルデヒドに分解されたものの、そこから酢酸に分解が進まず、残っている状態です。肝臓はアセトアルデヒドを分解しようとがんばり、そのためには水分が普段より多く使われるので、二日酔いの状態のときは脱水症状を起こしやすくなっています。

飲酒の翌日、二日酔いの状態で風呂に入ることは、脱水症状をさらに起こしやすくするため、注意が必要です。また、熱いお湯につかると血行がよくなり、飲酒後の風呂と同じようにめまいや吐き気といった症状が起こります。

二日酔いになってしまった夜、風呂に入る前にはたっぷりの水分補給をし、38℃ぐらいのぬるめのお湯にゆっくりつかると良いでしょう。もちろん、入浴後の水分補給も必須です。

飲酒直後の風呂の入り方

先に述べたように、飲酒直後の入浴には多くのリスクがあります。飲酒直後には風呂に入ってはいけません。本来はシャワー程度にしておき、湯船につかることは控えたほうが安全です。

「どうしても入りたい!」という人は、飲酒後、2時間ほど時間を空けること。そして、風呂に入る前に水分補給をしっかりしましょう。

飲酒後は脱水状態になりやすい上、風呂に入るとたくさんの汗をかきます。体内の水分が不足すると、肝臓がアルコールを分解する機能が低下し、アセトアルデヒドが体に蓄積されてしまうのです。

また、湯船の温度にも気をつけましょう。41℃ぐらいの温度のお湯に、短時間つかる程度が体を目覚めさせるのに適しています。風呂に入ることでも水分が失われているので、入浴後にも水分補給を忘れないようにしましょう。

すぐ出来る入浴以外の二日酔いを治す方法

“二日酔いを治す方法"
今すぐにでも二日酔いを無くしたい方のために、すぐにできる二日酔いの対処法をご説明します。

まずは水分補給をして脱水症状を避ける

前述した通り、体内の水分が不足すると肝臓でのアルコール分解機能も低下してしまうので、二日酔いの対処法として水分補給は欠かせないです。

ここで注意するポイントとして、コーヒーなどのカフェインは避けましょう。カフェインはアセトアルデヒドに効果的といわれていますが、カフェインは利尿作用があるので水分を取る際にカフェインの摂取は控えましょう。

スポーツドリンクなどは塩分や糖分が入っていて、胃にやさしく刺激も少ないのでオススメです。

二日酔いで胃腸が傷ついた人は胃腸薬を飲む

二日酔いで胃がムカムカするなどの体調の方は、胃腸薬を飲むことをオススメします。

アルコールの刺激によって過剰分泌された胃酸は、胃腸を傷つけてしまいます。したがって、胃酸の分泌を抑制してくれる「胃酸分泌抑制剤」や胃の粘膜を保護する「粘膜修復剤」がオススメです。

アセトアルデヒドが入っているタバコは吸わない

喫煙者の方は、タバコを吸うことは控えましょう。

多くのタバコには、アセトアルデヒドが入っていて二日酔いを悪化させる要因になります。さらに、ニコチンの分解も肝臓で行われるのでもっと肝臓に負担をかけてしまいます。

一番のオススメ方法は二日酔いを解消できる体作りをすること

普段からアルコールを分解しやすい体づくりを心がけることは、二日酔いを軽くすることにつながります。

今までの対処法は、今の二日酔いの辛さを軽減することにつながりますが、飲むとまた二日酔いの辛さを味わうことになります。したがって、もう二日酔いに苦しまないために、二日酔いに負けない体を作ることができる「オルニチン」の摂取をオススメします

オルニチンとは肝機能補助の働きをもつアミノ酸の一種です。「オルニチンってなに?」と思う方はこちらの記事をチェックしてみてください。

オルニチンとは一体なに?効果とオススメ摂取方法を徹底解説

まとめ|二日酔いの時の風呂以外のオススメの対処法|

  • 飲酒後や二日酔いの時は入浴することは危険
  • それでも入浴する場合は、短い時間で水分補給をしながら入る
  • すぐできる二日酔い対策の方法はあるが、二日酔いを予防したいならオルニチンの摂取がオススメ

お酒と風呂の関係については、誤った認識をしている人が少なくありません。

飲酒後の入浴はアルコールがアセトアルデヒド、さらには酢酸へと分解する過程を邪魔することになり、かえって体の中にアルコールやアセトアルデヒドを残しやすくなってしまいます。

入浴以外にも二日酔いに対する対処法はありますが、もう二日酔いにはこりごりという方はぜひ一度オルニチンサプリを試してみてください
おすすめのサプリはこちら

また、下記のページでは最新のオルニチンサプリをランキング形式で紹介しています。気になる方はぜひチェックしてみてください。

TOP