肝臓ケアナビ

スクワレン・ビタミンB2・ビタミンE・L-シスチンの成分効果

「スクワレンって深海鮫から抽出されるらしいけど、どんな成分?」
「肝臓と関係あるってほんと?」

肝臓に効果的な成分といえばオルニチンと聞いたことがある方は多いと思います。

しかし、オルニチン以外にも肝臓機能の向上に効果が期待できる成分はあるのです。

この記事では、主にスクワレンの成分効果について説明していきます。

スクワレンの成分効果

スクワレンには主に以下のような効果があるとされています。

  • 酸素不足を解消
  • (1)新陳代謝の向上
    (2)免疫機能の向上
    (3)肝機能の改善

  • 美肌効果
  • 便秘解消

スクワレンは、深海鮫の肝油成分から抽出されます。

スクワレンの主な働きとして酸素を補給する働きがあります。酸素不足が解消されることによって新陳代謝の向上や免疫機能の向上が期待できるのです。

また、スクワレンの酸素を補給する働きは、各臓器の機能を向上させる働きがあります。

特に肝細胞に多くの酸素が供給されることにより、肝臓の活動が活発化し、肝臓機能が強化されたり回復することが期待されています。

ビタミンB2の成分効果

ビタミンB2がもたらす効果として以下のものがあげられます。

  • 発育促進
  • エネルギー代謝の改善
  • 細胞の老化予防

ビタミンB2は糖質、タンパク質、脂質の代謝、エネルギー産生に関与する補酵素として働きます。

「発育のビタミン」ともいわれ、発育促進に重要な役割を果たすほか、皮膚、髪、爪などの細胞の再生にも関与しています。

ビタミンB2が不足すると、肌荒れや口内炎の原因となります。

ビタミンEの成分効果

ビタミンEがもたらす効果として以下のものがあげられます。

  • 抗酸化作用
  • (1)生活習慣病防止
    (2)老化防止

  • 血流促進

ビタミンEの主な働きは抗酸化作用であり、体内の脂質の酸化を防いで体を守る働きがあります。

この働きにより、生活習慣病や老化に関連する疾患を予防することが期待できます。

また、血流を促す効果もあり、冷え性改善の効果も期待できます。

L-シスチンの成分効果

L-シスチンがもたらす効果として以下のものがあげられます。

  • 美肌効果
  • ・しみやそばかすの改善
    ・皮膚の黒色を改善

爪や髪のたんぱく質を構成している成分です。美肌でおなじみのL-システィンが結合したアミノ酸です。

メラニン生成を抑制することで美肌効果が期待できるほか、体の代謝などの効果も期待されます。

まとめ|スクワレンには肝機能を向上させる効果あり|

  • スクワレンは酸素不足を解消する
  • 酸素を補給することで肝機能の向上につながる
  • 女性にうれしい美肌効果あり

いかがでしたか?

あまり聞きなれないスクワレンという成分ですが、肝機能を向上させる役割を持つだけではなく、美肌効果など様々な効果が期待できることがわかります。

TOP