肝臓ケアナビ

  • 二日酔いに効く飲み物と食べ物は何?サプリメントとの併用がおすすめ

二日酔いに効く飲み物と食べ物は何?サプリメントとの併用がおすすめ

お酒を飲みすぎてしまった次の日に来るのが“二日酔い”です。次の日のだるさや頭痛を経験したことのある方も多いのではないでしょうか。

この記事では、二日酔いと二日酔いの防止に効く飲み物&食べ物を紹介いたします。コンビニエンスストアで買えるものもあるので気軽に二日酔い対策に活用しましょう。

二日酔いに効果的な3つの飲み物

(1)スポーツドリンク

二日酔いはアルコールを肝臓内で分解する際に発生する「アセトアルデヒド」が残留し、血中に漏れ出すことが原因で起こります。アルコール分解時には大量の水分が必要です。そのため、お酒を飲んでいるときは水も積極的に摂取しましょう。

スポーツドリンクは水分を体内に保持できる塩分が含まれているため、「二日酔いになってしまったとき」の対策に効果的です。

(2)しじみ汁

体内には、疲労や暴飲暴食により発生する有害物質の「アンモニア」を代謝する過程で使われる「オルニチン」というアミノ酸が存在します。

さらにしじみには肝臓のパフォーマンスを高めるビタミンB12という栄養素も含まれているため、飲酒時や飲酒後に摂取することで、アルコールの代謝を高める効果が期待できます。

手軽にオルニチンを摂取するなら、コンビニなどでも購入できるしじみ汁がおすすめです。

(3)コーヒー

お酒を飲んだ日には、コーヒーを1杯飲むと二日酔いの症状が緩和されるといいます。コーヒーやお茶に含まれるカフェインは二日酔いの頭痛に効果を発揮し、利尿作用を高めることで、有害物質を排泄することができるのです。

その際は水も適度に摂取し、排泄が促進されることで水分不足にならないように注意しましょう。コーヒーは二日酔いの朝の酔い覚ましにもおすすめの飲み物です。

二日酔いに効果的な3つの食べ物

(1)はちみつ

二日酔いが起こっているときは、過度なアルコールの代謝で肝臓に負担がかかり、肝臓のひとつの役割である糖をエネルギーに変える貯蓄・生産機能が追いつかなくなります。結果、低血糖を招き、倦怠感や頭痛などの二日酔い症状を引き起こすことになるのです。

そこではちみつに含まれる「ブドウ糖」を摂取することで、体内に吸収されたブドウ糖がエネルギーとして即座に働いてくれます。よって体の回復につながるのです。

また、はちみつに含まれる「果糖」は二日酔いの原因物質であるアセトアルデヒドの分解に役立ち、頭痛の緩和にも効果が期待できます。

(2)柿

柿には二日酔い時に発生する有害成分アセトアルデヒドの分解・排出を促すビタミンCやタンニンが豊富に含まれます。

具体的には、シブオールというタンニン系ポリフェノールがビタミンCとの相乗効果を発揮することで、アルコールの吸収を抑えたり、分解や排出に役立ってくれるのです。

柿は二日酔いになってしまったときはもちろん、飲酒前の摂取にもおすすめの食べ物です。

(3)梅干し

代謝や解毒など500以上もの役割を担っている肝臓にとって、アルコールの分解は大きな負担です。またアルコール分解の際には、活性酸素という有害な酸素が発生します。活性酸素は増えすぎると、必要な細胞まで傷つけてしまう厄介なものです。

年齢とともに二日酔いになりやすくなったという方は、活性酸素が大量に発生している証拠です。有害な活性酸素を無害に換えるカタラーゼやアミラーゼなどの酵素が有効です。

梅干しはこのカタラーゼを豊富に含む他、ピクリン酸という強力な抗酸化成分を含みます。梅干しは二日酔いになりやすい体質を改善する他、二日酔いになってしまった際の対策にも効果的です。

二日酔いの防止に効果的な3つの飲み物

(1)ウコンドリンク

肝臓の保護に効果的な「クルクミン」は、ウコンに含まれる代表的な成分(色素成分)です。ウコンに含まれるクルクミンはアルコール代謝に役立つことが研究でもわかっており、飲酒前の摂取におすすめです。

ウコンドリンクはコンビニでも必ずといってよいほど売られていますので、手軽に手に入る二日酔い対策ドリンクといえます。

(2)オリーブオイル

オリーブオイルの摂取は、ヨーロッパでは定番の二日酔い対策として知られています。アルコールと脂質が同じ小腸で吸収されることに着目し、飲酒前にオリーブオイルを摂取し脂質を先に吸収させることで、アルコールの吸収を遅らせようというのが狙いです。

オリーブオイルは、急速なアルコールの吸収による肝臓への負荷を抑えます。よって二日酔いの原因となるアセトアルデヒドの蓄積を予防し、二日酔いを防止する効果が期待できるのです。

(3)牛乳

「牛乳は胃に膜を張るから二日酔いにならない」という話をよく聞きますが、実際に牛乳を飲むことで胃に膜が張ることはないようです。

正しくは、牛乳に含まれる脂質やたんぱく質、糖質などがそれぞれ肝臓に働きかけ、結果的に二日酔いになりにくい状況にするということで、はちみつやオリーブオイルと似たような効果を持っていると考えてよいでしょう。

コンビニでも購入できる牛乳は、結果的に肝臓を保護し、アルコールの吸収を抑制する効果が期待できます。

二日酔いの防止に効果的な食べ物

(1)アミノ酸サプリメント

アミノ酸は肝機能を高めることができるため、二日酔いの原因となる停滞しているアセトアルデヒドを分解する手助けをしてくれます。

特にアラニンやグルタミンは、アルコール分解をスピーディーにする重要な成分です。これらの成分はしじみやカニ、大豆やチーズなどに含まれていますが、食事から摂るのは難しいというときにサプリメントがおすすめです。

(2)オルニチンサプリメント

しじみやキノコに含まれる肝機能の働きを助けるオルニチンは、食事から摂取するには大変な量になってしまうため、断然サプリメントがおすすめです。

ステラ漢方の「オルニチンZnプラス」など、数粒で1日の必要摂取量を摂れる便利なサプリメントがたくさん販売されていますよ。

(3)チョコレート

アルコール分解時には、肝臓のエネルギー源となる糖質が必要です。しかし飲酒量が多すぎる場合、通常肝臓が変換するはずの糖質をエネルギーに換えることすらできなくなります。肝臓には疲労が蓄積する一方です。

二日酔い時はまさにその状態です。そうならないためにも、コンビニなどで購入したチョコレートを数粒食べておくなど、あらかじめ肝臓にエネルギーを供給しておきましょう。

二日酔い対策・予防のポイントをおさらい

  • 二日酔いは分解しきれなかったアルコールの残留が原因
  • 二日酔いによる頭痛や吐き気は、塩分を含む水分を補給し「脱水症状」を改善
  • 二日酔いで弱った肝臓には、「糖分」の摂取でエネルギーを供給
  • オリーブオイルや牛乳などを事前に摂取し、アルコールの吸収を抑えて二日酔いを予防
  • 二日酔い予防や対策には、アルコールの代謝をよくする「オルニチン」「ビタミンC」「ポリフェノール」「クルクミン」「ピクリン酸」「カタラーゼ」「アミノ酸」の摂取が効果的
  • 二日酔い予防や対策に効果的な成分は、サプリメントでいつでもどこでも気軽に摂取

二日酔いに効く飲み物や食べ物はほとんどがコンビニで手に入ります。サプリメントを併用しながら、上手に二日酔い対策を行ってみてください。

TOP