肝臓ケアナビ

  • 早く治したい!辛い二日酔いに効くおすすめ食べ物とレシピなどを紹介

早く治したい!辛い二日酔いに効くおすすめ食べ物とレシピなどを紹介

「二日酔い辛いけど今日も仕事だ....」
「早く二日酔い直したいし、何か二日酔いに効く食べ物ないかなあ....」

飲み会はとても楽しいですが、いざ調子に乗りすぎて飲みすぎてしまい二日酔いに悩まされるという経験をすることってありますよね。そんな次の日にも仕事があると辛いものです。

そこでこの記事ではそんな辛い二日酔いにすぐ効く食べ物やレシピをはじめとして、二日酔いの症状にすぐ効く対処法や予防法を紹介します。

二日酔いに効くおすすめの食べもの

二日酔いに効く食べ物を食べれば、何も食べないよりも症状が和らぐことはよくあります。そこでここでは二日酔いに効く食べ物とそれぞれの効果について説明します。

おすすめの食べもの


二日酔いには、肝臓の機能を高めてくれる食べ物を摂ることが効果的です。
その中でおすすめの食べものは以下のようなものです。

  • 果物・果糖(特にバナナなど)
  • しじみ
  • トマト
  • ゴマ
  • 大根
  • ブロッコリー
  • キャベツ
  • ラムネ
  • たまご

二日酔いに悩まされたら意識的にこれらの食べものを摂取することを心がけてみましょう。

各食べものごとの効果

各食べものごとの効果は大まかには同じですが少しづつ異なります。

果物・果糖・野菜類
  1. アルコールを分解する解毒作用
シジミ
  1. アルコールを分解する解毒作用
  2. 肝機能の向上
ラムネ
  1. 血糖値を高め酔いの症状を和らげる

二日酔いをおさめるために各食品ごとの効果を把握し、バランスよく摂取してみてください。

二日酔いに効くおすすめのレシピ

二日酔いに効く食べ物はアルコールやアセトアルデヒドの分解を助けてくれるようなものだということを先ほど紹介しました。そのような食材を使ったレシピをご紹介します。

おすすめは野菜たっぷりうどんです。ここでは野菜たっぷりうどんの作り方を紹介します。

材料(1人分)
食材 分量
400cc
うどん 固形1個分
醤油・お酒・みりん・味噌 大さじ一杯
鶏むね肉 100g
大根・青物野菜 適当量
トマト 1/4個
ごま 適当量
【作り方】

  1. まずは大根や葉物野菜やトマト・鶏肉を適当な大きさに切ります。あまり小さく切りすぎないようにしましょう
  2. 水を400ccを沸騰させ、沸騰したら醤油・みりん・お酒をいれます
  3. 鶏肉を入れ、鶏肉の色が良い色に変わったころに葉物野菜を入れます
  4. そのままふたを閉めて4分置いておきましょう。
  5. ふたを開けて味噌を溶かしゴマ、トマトをのせたら完成。

二日酔いに効くような大根やトマト、ゴマなどが沢山含まれており、二日酔いに効くに間違いありません。ぜひ試してみましょう。

朝の辛い二日酔いにさらに効く2つのおすすめ対処法

二日酔いに効く食べ物やレシピは色々あります。しかし二日酔いの症状の1つである吐き気や頭痛がひどい場合、なかなか食べ物を食べる気にはなれませんよね。そんな時にはおすすめの方法が2つあるので紹介します。

1 水分補給をする


アルコールは酵素によってアセトアルデヒドになり、アセトアルデヒドはさらに別の酵素によって酢酸に分解されるのが通常なのですが、アルコールを摂りすぎるとアセトアルデヒドを分解しきれず、残ってしまうことがあります。

残ってしまったアセトアルデヒドは二日酔いを起こす原因にもなってしまうため有害です。

そのためアルコールを体内に残さないためにも水分補給をすることが大切です。なかでもおすすめのドリンクは、お茶や野菜ジュース、ウコンドリンクです。

お茶

お茶に含まれるカフェインは肝臓の働きを助けるとともに二日酔いの頭痛を和らげてくれます。

野菜ジュース

野菜ジュースは、アセトアルデヒドの分解に必要となるビタミンBやビタミンCを手っ取り早く得ることができます。

ウコン

ウコンドリンクはウコンにはクルクミンという物質が含まれていて、アルコールがアセトアルデヒドや酢酸へと分解されるスピードを速めてくれるためおすすめです。

また二日酔いに効く飲み物に関してはこちらの記事に詳しく記載があるのであわせてご覧ください。

2 薬やサプリを服用する


「二日酔いがひどくて食べる気にならない」
「食べ物や飲み物で少し二日酔いは緩和されたがまだしんどいなあ」
そんな人も多くいると思います。

そこでおすすめなのが薬やサプリメントを服用することです。
薬やサプリメントだと数錠を服用するだけで二日酔いに効果を発揮します。

具体的には、胃酸を抑える制酸薬や整腸剤、乳酸菌製剤、オルニチンを摂取できるサプリなどがおすすめです。ただしサプリは選び方を間違えると添加物が多いサプリであったゆえに、効果を感じづらかったりすることがあるので注意が必要です。

辛い二日酔いを予防!飲み会の夜にやるべき3つのこと


飲み会までは自制心をきかせて飲む量を制限しようと思いつつもつい飲みすぎてしまって後悔するのが二日酔いあるあるです。

しかしいつも二日酔いの症状で辛い思いを味わいたくはないですよね。そこでおすすめの予防方法を3つ紹介します。

1 食べものをお腹に入れておく

空きっ腹にお酒を入れるとアルコールの吸収速度が早まる上に、アルコールによる胃の刺激も強いため、二日酔いになりやすい原因にもなります。必ず飲み会前に食べものを食べるように心がけましょう。

飲み会前に食べておくとアルコールの吸収速度を抑えることができます。

具体的にはチーズなどの乳製品や、お米などの炭水化物などを摂取すると良いでしょう。

2 ウコンドリンクで肝臓を鍛える

事前にウコンドリンクなどのドリンクを摂取しておくと、アルコールの分解を早めてくれる上に、アセトアルデヒドの分解も促進してくれます。その結果二日酔いの予防にもつながります。

3 オルニチンサプリで肝臓を鍛える

二日酔いになる前に習慣としてサプリを摂取しておくことで二日酔いを避ける方法もあります。その中でもおすすめのサプリは「オルニパワーZnプラス」というサプリです。

主に含まれている栄養素は以下のものです。

配合栄養素
  1. オルニチン
  2. 亜鉛
  3. アスタキサンチン

各栄養素ごとの効果は以下の表をご覧ください。

オルニチンの効果
  1. アルコールの分解を早める
  2. 肝機能の向上
亜鉛の効果
  1. 皮膚・粘膜の健康維持
  2. タンパク質や核酸の代謝に関与して健康維持に役立つ
  3. 味覚を正常に保つ
アスタキサンチン
  1. 紫外線ブロック
  2. 脳機能改善
  3. 眼精疲労改善
  4. 動脈硬化抑制作用
  5. 抗炎症作用抑制

『オルニパワーZn』であればオルニチンの効果で二日酔いを防止できるとともに亜鉛やアスタキサンチンの効果も体感できるため、体のさらなる健康促進にも役立ちます。ぜひ試してみてください。

また、サプリ選びは間違えてしまうと添加物が多いものを購入してしまう恐れがあります。サプリ内の添加物が多いと体に負担がかかってしまい、効果が実感できない人も一定数いるので気を付けましょう。

購入してからも返金保証や初回限定価格制度があるサプリだとより安心ですね。

二日酔いに効く食べ物などで二日酔いをすぐなおそう

二日酔いに効く食べ物や飲み物選び、また二日酔いで辛い朝を迎えないように抑えるべきことは以下のことです。

  • 食事はシジミ・トマト・ゴマ・大根など肝臓の機能向上に役立つ成分を含む食べ物を食べること
  • 二日酔いに効く方法は食べ物の他にも水分補給を意識すること、ウコンドリンクや野菜ジュースを飲む、薬やサプリを飲むなどがある
  • 二日酔いを防止するためにやるべきこと
  • (1)食べ物をお腹に入れておく
    (2)ウコンドリンクで肝臓を鍛えておく
    (3)オルニチンサプリで肝臓を鍛えておく

今回紹介した食べ物を摂ることに加え、適量を守り、ゆっくりしたペースでお酒を飲むことも大切です。

また出来る限り、事前に食べ物を食べるサプリを服用するなどして、二日酔いを予防するようにも心がけてみましょう。

他の二日酔い対策も知りたい方はこちらもご覧ください。

TOP