肝臓ケアナビ

  • 二日酔いに効く食べ物は?飲酒前・中・後に分けての対策を解説!

二日酔いに効く食べ物は?飲酒前・中・後に分けての対策を解説!

お酒を飲んだ翌日、二日酔いになると、その日の仕事や生活に大きな影響を及ぼしてしまいます。

二日酔いを防ぐ方法として、飲酒前に何かを食べることはよく知られていますが、飲酒中や飲酒後に「もしかして二日酔いかも…」と思ってからでも、症状を和らげてくれる食べ物があります。

今回は、飲酒前・飲酒中・飲酒後のそれぞれのシーン別に、二日酔いに有効な食べ物を紹介いたします。ぜひ二日酔いの予防と緩和に役立ててください。

二日酔いの症状と原因

「二日酔い」とは、飲酒のあとの不快感が翌日まで残る状況を指します。まずは、二日酔いになると現れるさまざまな症状と、二日酔いの原因について知っておきましょう。

二日酔いになると起こる症状

二日酔いになると、頭痛や吐き気などの症状が出ます。これらの症状には、さまざまな要因がありますが、そのひとつがアルコールや、アルコールが分解されてできるアセトアルデヒドという成分です。これらの物質は胃の粘膜を荒らし、頭痛や吐き気、嘔吐、胸やけなどを起こします。

また、アルコールを摂ったことによって起きる脱水状態も、二日酔いの要因になります。アルコールには利尿作用があり、尿として水分が体の外に出やすくなります。体が脱水状態になることで、頭痛やのどの渇き、体のほてりといった症状が起きます。

さらに、アルコールが分解されないまま体内に残っていると、足がふらついたり、ろれつが回らなくなったりすることもあります。

二日酔いの原因はアセトアルデヒド

このように、二日酔いの症状にはいくつかの要因が重なっていますが、いちばんの原因と考えられるのがアセトアルデヒドです。

アルコールが体の中に入ると、小腸から80%、胃から20%が吸収されます。アルコールの90%は血液に乗って全身をめぐったあと肝臓に運ばれ、酵素によってアセトアルデヒドに分解され、アセトアルデヒドはさらに別の酵素によって酢酸に分解されます。

酢酸は体に害のない物質で、体内をめぐりながら水と炭酸ガスに分解され、体の外へ出ていきます。

なお、アルコールの10%はそのまま汗や尿などとともに体の外へ排出されます。

アルコール→アセトアルデヒド→酢酸のサイクルがうまく働いているときは問題ないのですが、体内に入ってきたアルコールが多すぎて、アセトアルデヒドを十分に処理できず、一部残ってしまうことがあります。これが、二日酔いのさまざまな症状を引き起こしているのです。

飲酒前・飲酒中に摂りたい二日酔いに効く食べ物

二日酔いになってしまうと、アセトアルデヒド、あるいはアルコールが分解されるのを待つしかありません。つまり、二日酔いの防止が大切になります。

飲酒前に何かを食べることは予防策の一つとしてよく知られていますが、飲酒中であっても二日酔いを防いだり、症状を軽くしたりする食べ物があります。飲酒前と飲酒中では効く食べ物が異なるので、それぞれご紹介しましょう。

飲酒前に効果的な食べ物

飲酒前に摂っておくと効果的な食べ物は、肝臓の働きを助けるもの。代表的なものが、スパイスとして知られるウコンです。ウコンにはクルクミンという物質が含まれていて、アルコールがアセトアルデヒド、さらには酢酸へと分解されるスピードを速めてくれます。

同じく梅干しに含まれるクエン酸も肝臓の働きを助け、アサリや牡蠣などに含まれるタウリンは肝臓を守る働きがあるとされています。また、柿には、アルコール分解を進めるカタラーゼが含まれています。

身近にこうした食品がないときは、ウコンが入ったサプリメントや、タウリンが配合された栄養ドリンク剤を利用するとよいでしょう。

ところで、牛乳やチーズなどの乳製品を飲酒前に飲むと、胃の粘膜が守られるという話をよく聞きます。しかし、実際は乳製品に含まれるたんぱく質が肝臓の機能を活性化したり、乳脂肪がアルコールの吸収速度をゆるやかにしたりするところが大きいようです。

飲酒中に効果的な食べ物

お酒と一緒に摂ると効果的な食べ物は、アセトアルデヒドの分解に必要となるビタミンCを含む食べ物。枝豆やじゃがいもにはビタミンCが豊富に含まれています。

また、アルコールを分解するために肝臓にはたんぱく質が必要となるため、豆腐や肉もおすすめです。

お酒と一緒に摂る食べ物で気をつけなければならないのは、塩分です。おつまみには塩分の高いものが多く、食物繊維が不足しやすいので、塩分が低く、食物繊維の豊富なものを選ぶようにしましょう。

また、アルコールを飲むと、ミネラルも失われがちなので、野菜類も忘れずに食べてください。

飲酒中はこうした食べ物を摂りつつ、お酒を飲んだ量だけの水を補給も大切です。アルコールによって脱水状態になるのを防ぎます。

飲酒後に摂りたい二日酔いに効く食べ物

飲酒後、「二日酔いになりそう!」と思ったら、肝臓の機能を高める食べ物を摂りましょう。

果物や果汁100%ジュースは、アセトアルデヒドの分解に必要となるビタミンBやビタミンCを手っ取り早く得ることができます。果物や果汁に含まれる糖分も、肝臓の働きを助けます。脱水状態を防ぐ意味でも、100%ジュースはぴったりです。

そのほか、飲酒後に適した飲み物として、コーヒーやお茶が挙げられます。これらに含まれているカフェインは、肝臓の働きを助けるとともに二日酔いの頭痛を和らげてくれます。

食べ物では、しじみやゴマ、トマトがおすすめ。「しじみの味噌汁」は二日酔いに効く食べ物としてよく知られていますが、これはしじみに含まれるオルニチンが肝臓の働きを助けるからです。

また、ゴマにはアルコールを分解する酵素を助けるセサミン、トマトにはアセトアルデヒドの分解を助けるリコピンが含まれています。

二日酔いに効くサプリメント「オルニパワーZnプラス」

二日酔いに効くサプリメントなら、さらに手軽に摂ることができます。「オルニパワーZnプラス」は、二日酔いに効く食べ物としてよく知られるしじみのエキスをギュッと凝縮したサプリメントです。

オルニパワーZnプラスの効果

「オルニパワーZnプラス」に含まれているおもな栄養素はオルニチン、亜鉛、アスタキサンチンの3つ。先ほど述べたように、オルニチンはしじみに多く含まれている栄養素で、肝臓の働きを助けます。

「オルニチンパワーZnプラス」の1日目安摂取量4粒には、オルニチンが800mg含まれています。しじみには100g当たり15.3mgほどのオルニチンしか含まれず、800mgを摂るには、なんと5kg以上のしじみを食べる必要があるのです。

また、亜鉛はアルコールを摂ることで失われがちなミネラルの一種です。こちらも牡蠣1個分に近い12mgを4粒で摂ることができます。

オルニパワーZnプラスの購入方法

「オルニパワーZnプラス」はステラ漢方のHPから購入可能です。定期的に商品をお届けする定期コースなら、注文の手間が省け、注文忘れも防げます。また、通常価格よりも割引が適用されたり、ステラ漢方の情報が満載の会報誌が届くなど、お得な特典がたくさんあります。ぜひ、ご利用ください。

まとめ

アルコールは肝臓の働きにより、アセトアルデヒドに分解され、アセトアルデヒドはさらに酢酸に分解されます。アセトアルデヒドがうまく酢酸に分解されず、体内に残ってしまうと、二日酔いが起きます。

二日酔いの防止・緩和には飲酒前・飲酒中・飲酒後とそれぞれのステップに合わせた食べ物があります。

【飲酒前】
ウコン、アサリ、牡蠣、柿、乳製品など肝臓の働きを助けたり、肝臓を守る働きのあるもの。【飲酒中】
ビタミンCを多く含む枝豆やじゃがいも、たんぱく質が豊富な豆腐や肉など。いずれもアセトアルデヒドの分解を促進する。

【飲酒後】

  • 脱水症状を防ぎ、ビタミンBやCを多く含む果汁100%ジュース。
  • 肝臓の働きを助け、二日酔いの頭痛を防ぐカフェインを含んだコーヒーやお茶。
  • しじみ、トマト、ゴマなど、肝臓の働きを助けたり、アセトアルデヒドの分解を促進する成分を含んだもの。

今回紹介した食べ物をシーンに合わせて摂ることに加え、適量を守り、ゆっくりしたペースでお酒を飲むことが大切です。

さらに「オルニパワーZnプラス」のような手軽に摂れるサプリメントも活用し、二日酔いに備えながら楽しくお酒を飲んでください。

TOP