高時給での転職は派遣・パートがおすすめ

働いているとやはり高時給、高収入の他の職場に目がいくもの。そんな転職を考えられる方に薬剤師はいかがでしょうか。
薬剤師は安定的な需要があり、その上高い給与が見込める職業であるのは皆さん周知の通りかと思います。医療関係の職業としての専門性から、企業勤めで年収は平均でも500万前後、薬局などの独立開業に成功するともらえる金額はグンと多くなります。そしてこの薬剤師ですがもらえるお金だけでなくさらに別の魅力があります。
仕事を達成するのに体力的なものはあまり関係ないことから、女性でも問題なく働けます。従って正社員の求人だけでなく派遣社員やパートタイマーでの求人も数多く存在します。
そんな薬剤師のパートのメリットですが、まずパート共通の拘束時間の自由度が挙げられるでしょう。家事との両立はもちろん、子育ての合間の時間を使って働くことも可能です。

具体的には、職場に複数薬剤師が在籍してる場合、正社員と違いシフト制を採用されている所が多く、中には交代制で勤務時間も調節できる職場もあります。
正社員と違いどうしても休みたい日にちや時間を押さえることができるので、仕事とプライベートの両立がしやすい点が大きな魅力です。
又、他の職種に比べ高時給である点も非常に大きなメリットと言えるでしょう。時給の平均が約1800円から2000円と十分高時給と言える金額を得ることができ、中には時給3000円以上の求人も存在するなど非常に待遇は厚いです。以上の点から単に高時給が理由の薬剤師の転職や、家事との両立をするための転職にうってつけの職業と言えるでしょう。昨今は非正規雇用の数が増加をたどる一方で、人件費などの問題から正社員になるのが難しい時代です。
しかし、非正規雇用の中にも薬剤師のような専門性のある職種なら給与も高く、契約を切られにくいというメリットがあります。皆さんの中には転職をしたくても専門職の資格を持ち合わせてない、勉強する時間が無いという方も大勢おられると思います。ですが、長い目で見たとき資格の有無が将来の自分を左右するのはもはや言うまでもありません。是非一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。